スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギドラ掲示板過去ログ040419_040525

殿様ギドラ さん 2004年 05月 25日 10時 08分 41秒


♪モ~ナコ~、泣いてどうなるのか~。
ブロウしたエンジンが~、虚しくなるだけ~。

タクマのスタートでの3台抜きには震えました。が。
エンジンブローじゃしょうがない。

これ、最初のスタートのときにトヨタ・パニスがエンストしてスタートやり直しになったのが悪影響を及ぼしているんじゃないでしょうか。
スタートに備えてエンジン回転を上げたところで、はいストップとなるとエンジンのクーリングが出来なくなり、微少なところで部品に高い負荷がかかり「壊れる」こともよくあるようです。
事実、タクマのインタビューで「2回目のフォーメーションラップ時にはすでに調子が悪かった」と答えています。

それだけではなく、今年のモナコは荒れましたね。
まあ、乱れたのは2位以下のことで、ポールスタートの(どこまで)ヤルノは見事初優勝!
おめでとう、トゥルーリ!
鈴鹿のクアガーデンで無くしたものは見つかったかい?

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 23日 17時 13分 45秒


>つつ書記長さん
パソコン復旧が大変なんですね。
パソコンてやつは、壊れ方がさまざまでまったくめんどくさいです。
しかも仕事で使ったりするので、使えなくなるとすごーく困る・・。

先日うちのパソコンもDVDドライブがいかれてしまって、保証期間中だったのでドライブだけ外してショップへ持って行ったら、パソコンに付属のドライブだから本体と一緒じゃないと修理できないと言われてしまいました。
修理(といってもドライブを交換するだけ)には3週間ぐらいかかるなんて話で、そんなに待てるかぁぁぁと、
結局DVDドライブを新調。
(すっかり安くなったので、それほど負担ではなかったけれどお金がかかったのは事実)
はぁ~。(いままでより高速になったのでいいけど)

「UFO」解説もまた読みに行きますね。
MJは6月下旬になったんですよね。あと一ヶ月か・・・。

>モナコGP予選
タクマ、惜しいぃぃ。
トンネルを抜けたところのヌーベルシケインでブレーキミス。
ブレーキを我慢しすぎたんだなぁ。
あそこは全開で突っ込んでいくところなので、ついつい欲を出しすぎてブレーキが遅れ気味になるんだよなぁ。
(グランツーリスモ3で何度もミスってます)
それでも、スピンやオーバーランせずにマシーンを立て直したのはさすがであった。
ああ、あのミスがなければフェラーリ勢の前に出たのは間違いなかったのだぁがぁ。
ポールポジションはルノーの(どこまで)ヤルノ・トゥルーリ。
決勝はどうなるのか??(今夜です)

--------------------------------------------------------------------------------
消息不明のファイルも多く呆然として捜索に出向くマイク水銀つつ書記長 さん (ahh74726@mopera.ne.jp) 2004年 05月 22日 21時 01分 26秒


こちらドラキュント星ではつつ書記長から次の声明がありました。
「こりゃこりゃどうも。ここしばらく通信の故障があってなかなか連絡も出来ずに困っていたのじゃが本館の方は順調に活動を再開したのじゃ。まずは「UFO」のほうじゃが今日はイギリスでの放送リストを掲載したのじゃが思ったのは放送時期がまちまちなんじゃということじゃ。ここでは本放送(日本も含めて)のデータ-を掲載したので見てほしいにょ。

それと一時閉鎖の間にコナミのサンダーバードポッドビークルの1,2のシークレットアイテム(1号の発進区域、2号のドック)をいともあっさりと入手できたんじゃよ。5月発売のMJの発売が延期されてがっかりじゃがとにかく気長に待とうと思うところじゃ。」ということでした。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 22日 18時 28分 44秒
URL:予選直前

モナコGP予選直前フリー走行の結果。

1. 1 兄マッハ Ferrari B 1'14"014 162.456 Km/h 15
2. 7 トゥルーリ Renault M 1'14"016 + 0'00"002 18
3. 10 佐藤 琢磨 BAR Honda M 1'14"020 + 0'00"006 21
4. 8 アロンソ Renault M 1'14"138 + 0'00"124 15
5. 3 モン吉 Williams BMW M 1'14"212 + 0'00"198 10
6. 9 バトン BAR Honda M 1'14"646 + 0'00"632 15
7. 5 下駄 McLaren Mercedes M 1'14"670 + 0'00"656 12
8. 4 ラル夫 Williams BMW M 1'14"752 + 0'00"738 14
9. 6 ライコネン McLaren Mercedes M 1'15"034 + 0'01"020 16
10. 2 エロキュー Ferrari B 1'15"174 + 0'01"160 15
11. 11 フィジコ Sauber Petronas B 1'15"709 + 0'01"695 13
12. 16 ダ・マッタ Toyota M 1'15"861 + 0'01"847 23
13. 15 クリエン Jaguar Cosworth M 1'16"101 + 0'02"087 20
14. 12  マッサ Sauber Petronas B 1'16"332 + 0'02"318 18
15. 18 ニック Jordan Ford B 1'16"385 + 0'02"371 14
16. 17 パニス Toyota M 1'16"431 + 0'02"417 13
17. 19 パンターノ Jordan Ford B 1'16"700 + 0'02"686 18
18. 14 ウェバー Jaguar Cosworth M 1'17"173 + 0'03"159 4
19. 21 バウムガルトナー Minardi Cosworth B 1'19"467 + 0'05"453 11

く~。予選に向けて期待が高まります。
1位兄マッハと2位トゥルーリ、3位琢磨の差はないと言ってもいいぐらい。
(でも兄マッハはまだ「隠し球」を持っている可能性もあるけれど)

--------------------------------------------------------------------------------
兄貴赤 さん 2004年 05月 22日 05時 26分 10秒


ギドラの息子(そ~ゆ~映画も観てみたい)は、そ~ゆ~発言をした時点で、珍しい男なのかもしれません(笑)

モ~ナコ~の直前という事で、昨年のモナコを復習しました。
昨年も、BARバトンは兄マッハに次ぐ2番手タイムを出していたんですね。
しかし、フリー走行でクラッシュして病院送りで、予選不参加だったのですね。
昨年のBARマシーンでも2番手なら、今年は期待できるのか・・・?

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 21日 22時 11分 22秒


>ダイチャンさん
ううむ、頼もしい息子さんですね。
うちのぼーずもそんな風に成長してほしいものです。
親バカついでに息子ばなしをもうひとつ。
先日、風呂場にて。
シャンプーをいやがるので
「きれいに洗わないと、かっこいい男にはなれんぞ」と言ったら、
「かっこいい男にはならなくていい」
と言うので、
「じゃあ、どんな男になりたいんだ?」と尋ねたら、
「ぼくは、珍しい男になる」だそうな。
それもいいかも。

>モナコGP
昨日のフリー走行、相変わらず兄マッハだけが異次元の速さ。
それでもその兄マッハの次にきているのがBARなのでよしとしましょう。
明日は予選であります。

--------------------------------------------------------------------------------
ダイチャン さん (cid74120@syd.odn.ne.jp) 2004年 05月 20日 21時 11分 14秒
URL:http://www2.odn.ne.jp/cinema-daichan/

3歳にして、すでに轟天号に夢中とは、さすが殿様ギドラさんの息子さんですね。
「三つ子の魂、百まで」といいますし、将来が楽しみですね。

ウチの息子といえば、宇都宮の立てこもり事件のTVニュースを見て、
「あっ、イングラムだ」とサブ・マシンガンを即刻特定していました。

轟天号かぁ。そういえば昔、イマイだったかな、せっせとプラモデルを作ってましたっけ。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 20日 14時 19分 07秒


くそー、昨日は書き込みの時間が取れなかったのだぁ。

ギドラ掲示板恒例、♪「そしてモナコ」を兄貴に歌われてしまった。
そーです。
今日からF1モナコGP。
通常のGPは金曜から走行開始ですが、モナコは特別。
金曜はパーティがあるので、セッションお休みなのです。

フジテレビ地上波もモナコだけは早い時間に放送するのが慣わし。
(夜10時半からだったっけ)
BARチーム側はモナコに自信を持っているようだけど、果たしてどうなりますやら。
ここで兄マッハに勝たれてはいけません。
そんなにいくつも記録を作られちゃたまりませんよ。
開幕連勝記録更新とモナコ優勝回数記録一位タイがかかっております。
BARはやっぱりミシュランタイヤへの適応がうまく出来るかどうかですな~。
モナコでもルノーが強そうではあります。
(フェラーリは別カテゴリーなので、強くて当たり前)

さて、昨日、ついに注文していた東宝マシンクロニクル再販分がとどきました。
一応参考までに、カートンの中でのアイテム配置を書いておきます。
(二カートン買いましたが、どちらも同じ配置だった)

  カートン背面
轟天号    SY-3
轟天号    SY-3
アルファ号  黒鮫号
アルファ号  黒鮫号
スーパーX  メーサー車

とまあ、このように並んでいました。
ただし、以前ショップで聞いた話ではメーサー車とSY-3が一個ずつしか入っていないということだったので、箱によっては存在数や配置が違っているかもしれません。
さて、模型店や玩具店に入荷する商品らしいので、志ある方はチャレンジ!

海底軍艦にはまっている3歳の息子に轟天号をひとつ獲られてしまった・・・。
息子曰く
「海底軍艦は円谷監督が作ってくれたの?すごいなぁ。どうやってこんなの考えるのかなぁ。とーちゃんも円谷監督に作り方を聞けばいいのに。お墓に行けば円谷監督がいるよ」
そりゃあ、創作の秘密をお聞きしたかったよ!
泣かすようなこと言うな。

--------------------------------------------------------------------------------
兄貴赤 さん 2004年 05月 19日 21時 45分 21秒


なんだ、まだ書いてないのか~
じゃ、私が・・・

♪モ~ナコ~ナメテどうなるのかぁ~
残されたチンポがぁ~空しくなるだけぇ~
パパヤパヤパヤパパヤ~♪

つ~ことで、モナコGPですね~
エンジンパワーより、ドライバーのテクとマシンバランスを問われるサーキットです。
BARはどうなのか、そして琢磨はどうか・・・う~ん、期待で前が膨らみます!


--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 17日 18時 29分 10秒


つつ書記長さんも復活ですね。
パソコンが直ったのはめでたいけれど、もろもろが吹っ飛んでしまったんですな。
うまく復旧出来ることをお祈りしてます。

兄貴、いーでしょーGT4。
自分で走ってみるとさらに発見があると思いますよん。
筑波は難しいコースです。
短い中にいろんな性格のコーナーがあって、攻めきるのは至難です。
富士スピードウェイも見た目より難しかったです。
改修を繰り返したせいか、複合コーナーが多くてベストラインの見極めが難しいっす。
(そんな富士は現在リニューアル中で、まったく別のサーキットになってしまいます)

そいで、MR2が速いというより、S14がヘタレマシーンなのだと思いますよ。
S15と比べてもリアがブレイクしやす過ぎるし、パワーウェイトレシオも悪い。
全般に挙動が「ぬるい」です。
今回アップしたレースでは、MR2とS14だけがあとの車をぶっちぎってますが、その他の車って、バンも混じってるし。しかも、COM車のS14はそのバンよりさして速くなさそう・・。

あ、そう考えるとS2000はMR2より遅いのか・・・。

まー、シルビアでスポーツカーと言えるのはS15だけだってぇことで納得ですかねー。

そうだ、GT4プロローグ紹介ページに、GT4正式版は今夏発売予定と書きましたが、さらにずれこんで秋になるんだって。
がっくり。

--------------------------------------------------------------------------------
兄貴赤 さん 2004年 05月 16日 23時 01分 02秒


GT4プロローグ拝見しましたよ。
今回も、結構なボリュームで見ごたえありました。
画質はあまり良くはないですが、GT4のリアルなCGや挙動を垣間見れました。
特にダートの表現がリアルになったような気がしますね。
画質が悪い事が幸いしているのか、まるで実写を見ているようでした。
WRCをみると、コース上に飛び出して写真撮る馬鹿がいるんですが、それが再現されているのには思わず苦笑です。
昔、それで死人が出て硬く禁止されているのですが・・・

筑波サーキットは、ビデオなどでよく見るのですが、まんまですね。
自動車雑誌が車のテストに利用するサーキットなので、雑誌ビデオではかならず筑波ですから、私も是非走って見たいコースでした。
それにしても、S14とMR2のバトルは・・・
MR2って、あんなに速いんでしょうかね?
直線でもコーナーでもS14を凌駕してますよね。
そ~なのかな~?

--------------------------------------------------------------------------------
幾度のトラブルを突破したが今やあの人は今?な人物になってしまったマイク水銀つつ書記長 さん (ahh74726@mopera.ne.jp) 2004年 05月 16日 22時 44分 49秒


ようやくパソコンも直って今こうしてレスにあがった次第なんじゃが自分のホームページが更新出来ない状況に陥ってしまったわけなんじゃが携帯でのホムペだけはどうにか死守できたので今日再び「UFO」の解説を更新したんじゃ。

(以前のフロントページのアプリケーションが見事に消えてしまったので大変じゃ~)
というわけでこれからもよろしくじゃ!

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 15日 21時 06分 22秒
URL:アップしました

と、いうわけで、兄貴復活記念、グランツーリスモ4プロローグ紹介ページを新設。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/3095/gekisou/GT4Pro.html
ここです。
画質の悪いストリーミングビデオですが、GT4の実力の一端でも伝わればと思います。
GT4正式版の前にこのプロローグで腕慣らしをしておくのもいーんじゃないでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 14日 17時 18分 42秒


兄貴、ふっか~ぁつ、ですね。
スペインGPも見ることが出来たということで何はともあれめでたいめでたい。

もーほんとにモナコでセナの霊でも琢磨に降りてこないかと期待したりして。
今年兄マッハがモナコで勝ってしまうと、モナコ6勝というセナの記録に並んでしまうのよね。
まー、セナが持つモナコ5連勝の記録は誰にも破られないとは思いますが・・・。

兄貴復活記念で、GT4プロローグ紹介ページを激走コーナーに準備中ですので、こうご期待。

--------------------------------------------------------------------------------
兄貴(赤) さん 2004年 05月 14日 09時 49分 55秒


どもども、ごぶさたです。
さて、やっとのことでスペインGPを見ることができました。
琢磨、予選3位はすごいです、日本人として最高グリッドです。
過去にアグリが本戦で3位というのがありましたが、あれは言っちゃなんですが、棚ボタでしたからね・・・
しかし予選での順位は実力以外のなにものでもありませんからね。
正直、予選後のインタビュー席に琢磨がいる画を見たとき目頭が熱くなりましたよ。

本戦では残念ながら5位でしたが、内容は悪いものではありませんでした。
いや、5位入賞を「残念ながら」と言わしめる琢磨の実力に期待します。
今年のF-1は萌え指数が高い!

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 11日 14時 22分 01秒
URL:やられたー

というわけでスペインGP。

まーフェラーリが速いのはしょうがないけれど、まさかエロキューが二回ストップ作戦で、それにやられるとはねぇ。
で、スタートで異常な速さを見せたルノー・トゥルーリ。
(レース雑誌のアロンソインタビューによると、今年から禁止されているラウンチコントロールシステム《スタート支援装置》だが、ルノーにはそれに準じた機能があるそうな。それって、ルールの精神からいえば反則じゃないの?)
トゥルーリが兄マッハの前にまで出たから、やった、トゥルーリが壁になって兄マッハを抑え込んでくれるかと思ったら、
予想以上に速いトゥルーリのペース。
スタートでモントーヤを抜いて(トゥルーリに抜かれ)3位になった琢磨もついていけない。

参ったね。

結局アロンソやエロキューにも抜かれて5位に甘んじてしまった琢磨でありました。
途中、先行したアロンソをものすごいハイペースで追い上げた琢磨だが、タイヤのタレか、エンジンマネージメントか、ペースダウンを余儀なくされたし。

次回モナコGPはドライバーズサーキットの典型だけれど、BARのマシーンがミシュランタイヤを使いこなしてくれないと、いくら乗り手ががんばっても速くはならんだろーな。
F3マカオGP優勝を果たしている佐藤琢磨がストリートコースのモナコで下手を打つわけはないと信じるが・・。
(一昨年のトンネルでのクラッシュはチームメイトの邪魔をしないようにと気を遣いすぎた結果。そして同じミスは二度繰り返さないのが佐藤琢磨、だと思う)

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 09日 16時 52分 43秒
URL:琢磨キターー!!

さあ、昨日のF1スペインGP予選。
佐藤琢磨、3位のポジションを獲得!
チームメイトのジェンソン・バトンがちょいとミスって下位に沈んだのは残念だったけれど、とにかく日本人が3番グリッドですぜ。
予選後のトップ3インタビューに日本人が初登場だ!

さて、ポールポジションはミハエル・シューマッハとなったわけですが、CS生放送での解説によると燃料を軽くして何が何でもポールポジションを獲る作戦ではないかとか。
(抜きにくいサーキットなので、まずは先頭でスタートして最初の数周で2位以下にタイムギャップを築き、それを守ったままゴールする作戦か?これはフェラーリがブリヂストンタイヤでBARやウィリアムズといったライバルチームがミシュランタイヤを使っていることも計算に入っている模様。予選を走り終えたミシュランタイヤは一時的にグリップダウンを起こす状態になっているが、ブリヂストンタイヤは予選を走り終えたあたりから最高のグリップを発揮する特性ではないかと)

そしてBARホンダ・佐藤琢磨のパッケージがフェラーリ・シューマッハのパッケージに対して圧倒的に遅いというわけではないというのはフリー走行から推察できる。

スターティンググリッド上位は
1、M・シューマッハ
           2,J・P・モントーヤ
3、佐藤琢磨
           4、J・トゥルーリ
となっております。
これはシューマッハにとってはかなりイヤなグリッドでしょう。
これまで何度もコース上(あるいはコース外でも?)でやりあったモントーヤが隣で、異常なまでにスタートの上手い琢磨が真後ろです。
琢磨に対してシューマッハの威圧が効かないことは昨年の日本GPで証明されていますし。
(2003年日本GPで琢磨の後ろから「どけどけ走法」で迫ってみた兄マッハだが、無理に突っ込んだ結果琢磨にフロントウィングを踏まれて緊急ピットイン)

スペインカタロニアサーキットはホームストレートが長く、スタート時の加速競争も見所になりますから、
F1界最強といわれるBMWエンジンを搭載するウィリアムズ・モントーヤがシューマッハに並びかける可能性も高いし、
そのモントーヤを牽制しようとする兄マッハを琢磨がスタートで抜き去る可能性も高い。

いずれにせよ、ミシュランタイヤの琢磨かモントーヤがスタートで前に出て、第一スティントで兄マッハにブリヂストンタイヤのおいしいところを使わせない展開に持ち込めば、接戦のレース展開になるでしょう。
またモントーヤの予選アタックはギリギリを狙った見事なものでしたが、レースペースではモントーヤより琢磨のほうが速いんじゃないかと思われますので、
こりゃ、佐藤琢磨優勝の可能性も見えてきました。

しかーし、モータースポーツの落とし穴がマシントラブル。
機械は壊れますからねぇ。
頼むぞ、BARホンダ。壊れないでくれ~。(いつも最後は嘆願)

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 08日 18時 07分 42秒
URL:スペインGP

取り急ぎ。
さきほどスペインGP予選直前フリー走行が終了しました。
佐藤琢磨トップタイムです。
歴史的瞬間と言ってもいいかも。
予選および決勝第一スティントのためのセッティングを煮詰めていたのは間違いないので、
佐藤琢磨ポールポジションの可能性が高まりました。
フジテレビなら今夜遅く予選の放送がありますぜ。
琢磨、予選でミスらないでくれ~。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 06日 22時 01分 20秒


ダイチャンさん、WARASIさん、おこんばんは。

菅生サーキットは、すごうく寒かったです。
いくら東北でも5月にしては寒すぎ。
真っ昼間に息が白いんですから。
お陰でちょいと風邪っぽいです。

レース映画というと「栄光のル・マン」ももちろん、「グラン・プリ」がお勧めです。
ジョン・フランケンハイマー監督のシネラマ映画でございます。
カーレースという競技が持つ様々な要素が網羅されているので、映画としておもしろいのはもちろん、レース観戦疑似体験にもなってます。
三船敏郎演じるヤムラ社長がかっこいい!

多羅尾伴内は私も注目しているシリーズです。
いままで2本ぐらいしか観ていないんですが、これは邦画のシリーズ物として押さえておかねばならないものだな、と。
今月の日本映画専門チャンネルから「七つの顔」を録画しました!
(ひょっとしてシリーズ第一作?)
私が観た中で「13の魔王」だったか、最後に詩を朗読するという演出にぶっ飛びました。(ん、詩の朗読は定番の演出でしたっけ)

おっと、WARASIさんのところへ、「キスカ」を読みに行きませう。

--------------------------------------------------------------------------------
WARASI さん 2004年 05月 06日 00時 57分 41秒
URL:http://www.geocities.jp/warasitheater/hoom2.htm

こんばんは、キャシャーン論はまた長くなりそうですので、MYHP上で本格的にやりたいとは思いますが、とりあえず特撮Xファイルにて、「太平洋奇跡の作戦・キスカ」をアップしておきました。ご興味がありましたら暇な時にド~ゾ!。

--------------------------------------------------------------------------------
ダイチャン さん (cid74120@syd.odn.ne.jp) 2004年 05月 05日 20時 40分 56秒
URL:http://www2.odn.ne.jp/cinema-daichan/

レース観戦のG.W.、いかかがでした?

当方は、ほとんど家にこもりっきりでした。まぁ、毎度のことですが。
その代わり、カビに侵蝕されつつあるビデオ「多羅尾伴内シリーズ」約10本を
せっせ、せっせとDVDへの移し変えに精を出しておりました。

レース観戦って、経験ないんですよね。やっぱり迫力が違うんでしょうね。
カーレースというと、映画「栄光のル・マン」を思い出すんですが、実は
ちゃんと鑑賞していなかったりするんです。

と、なんとも中途半端な連休でしたが、明日から会社だ。朝、ちゃんと起きられるか、
乞うご期待(笑)。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 05月 04日 08時 44分 02秒
URL:帰ってきました

セナ追悼というのは、レース観戦に行くということでありました。

フォーミュラニッポン第二戦菅生に行ってきました。
いろいろおもしろいこと、報告したいことがありましたが、まだ休みボケ中なので追々書いてみたいと思ってます。(と言いつつ書かずに終わったことも多いけど)

レースはなかなかおもしろかった。
やっぱり生観戦が一番だなぁ。
F1と違ってキャンギャルも多いし・・。

セナグッズに身を固めた人もちらほらと見かけました。
日本人とセナにはなにか強い繋がりがあるんですな。それをテーマにした本まで出版されてるし。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 29日 09時 54分 02秒
URL:GT4プロローグ!

GTフォースプロを交換して快適な操作環境になり、順調に試験をクリアしております。
もちろん、ゴールドカップ獲得をもってクリアと見なすのであります。

基本試験4種をクリアすると出現するボーナス試験。
これがなかなか手強いとは以前書きましたが、その試験内容は各コースでハンディキャップレースをやらされるパターンが多いのです。

COM車に対して10秒遅れでスタートして出来るだけ早く追い抜け、とか、1周のうちに3台追い抜けなどなど。
試験ですから、他車との接触は御法度。
サイドバイサイドになってボディが当たるぐらいならオッケーですが、インを刺したのに、COM車がかぶせてきて接触すると失格になっちゃうのよね。
教科書通りのきれいなオーバーテイクをしなければなりません。
この試験は実戦で役立ついい企画です。

そして、GT4がそれまでのGTシリーズとは違って、速く走ることだけを目的にはしないという話を聞いたとき、
ひょっとして車庫入れもあるのか?などと冗談を言ってましたが、
なな、なんと、似たようなイベントがありました。
試験ではないので、クリアするしないは関係ないんですが、
パイロンを並べた狭ーいコースをパイロンにさわらないように走れと言われるものの、
車幅ぎりぎりのS字やクランク、さらにはバックしなければ先へ進めないポイントがあったりして、自動車教習所ですわ。
所詮ゲームですから、サイドウィンド視線などはないわけでクリアするには馬鹿みたいに時間がかかります。

と、そんなこんなをクリアして、試験の最終パート、各コース1周タイムアタックに突入しました。
筑波でなんとかゴールドを取りましたが、筑波サーキットって難しい!!

さて、GWに突入しまして、明日からアイルトン・セナ追悼のためにサンパウロへ行っちゃいます。命日は5月1日。
しばらくオフラインよん。
(セナ追悼はホントだけど、サンパウロはウソ。行けるわけないじゃん!)

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 28日 10時 51分 59秒


>とこさん
だから言ってるでしょ。
私とあなたでは「倫理観が違う」のですよ。

今回のやりとりでそれがはっきりした。

個人を誹謗したことについてその根拠を尋ねたら、
「偏見を持つに至った過程」を延々説明された。
しかし、直接の知り合いでもない人間をその行動をもとに気質まで断じることが間違いだったとは思わないのでしょう?
「直感としか言えないが、受け入れてもらえないなら・・」
って、あったり前じゃないの?
あなたの直感というだけで誰が納得しますか。
しかし、私はあなたに対してその考え方を変えろとは言っていません。
倫理観が違うということです。
そんなものの考え方は私には、断じて許せんのです。

そして
>要求の内容はどうあれ、たとえ正論でも、訴え方が間違っていたらその要求は容認できない。
のでしょ。
だから前回私が激しい言葉を使ったことで、私を糾弾したくなったわけだ。

これも私とは、ものの考え方が違うんだからしょうがない。

さて、
>そちらの意思を読取り「一時休戦」の「案」うけたまわったつもりのレスでしたが・・・

笑わせないで欲しい。
ではなぜ4月25日付けの書き込みで、私が「やめよう」と言った話題に触れるのか。
そんなことをされると、私は「おれを馬鹿にしてんのか」と感じるのですよ。
それ以前に提示した「喧嘩」とはもっと理性的なものをイメージしていたが、それは叶わぬ夢だったかと思い、ものすごく白けましたね。
(と私がいうのも理解できないでしょう。仕方ないですよ。精神構造のベースラインが違うんだから)

>ギドラさんに限って、今までの投稿姿勢で「あいまいな手打ちでシャンシャンしてる」とは夢にも思ってませんでした。

私は嘘をつくことは極力避けるが(慎重な物言いをしている。あらゆる局面で絶対に嘘をつかないとは言えないからだ)、場の空気を読んで己を抑えることはする。
これまであなたが繰り返してきた「戦争容認発言」「人種差別発言」に対してどれほどの言葉を飲み込んだことか。
それは、このギドラ掲示板がいかに自由な発言の場であっても、特定の話題に特化することは本意ではないからだ。
政治の話題も歓迎だが、泥沼になることを避けるために「あいまいな手打ち」を繰り返してきたのだ。
私が徹底的に議論するのは「ゴジラ・特撮」に限定している。
そのために別掲示板を作っている。

あなたの言動は、これからは喧嘩するよ、と宣言されているのに、喧嘩を売っておきながら喧嘩を買われたと憤慨しているように見える。
これも私には理解できない。

私も考えがまとまっていなかった部分があったのでまとめておきましょう。
倫理観が違う相手とどうやって議論すればいいのか?
例を挙げる。
「盗みを非道と思う人と、盗みは富を得るための正当な手段だと思う人が窃盗事件をなくすための方法を議論しても始まらない」

だからこれからは喧嘩だという考えになった。
ああ、しかし、喧嘩だって対話が出来なければ無理だなぁ。

とまあ、いうわけだが、まだやんの?

--------------------------------------------------------------------------------
とこ さん 2004年 04月 27日 16時 30分 16秒
URL:追記

前発言の
>そちらの意思を読取り「一時休戦」の「案」うけたまわったつもりのレスでしたが・・・
戦争論等については間を空けて別の機会にと受けたまわった。を追加。

マンプりさんへのレスは、いろいろなギドラさんへのいろいろな思いがあり容易にはつけられませんでした、すいません。

--------------------------------------------------------------------------------
とこ さん 2004年 04月 27日 15時 51分 52秒


>わずかに触れた文章もあるが、戦争だのなんだのの話以前にケリをつけなきゃいけない話>があったのに、あなたが自分勝手に暴走するから一旦打ち切りたかったのだよ。

貴方が追求したかったのは「個人の事を表面上の印象で誹謗するな」
ですよね
んで、暴走については、その発言に至るまでの背景(残念ながら憶測の粋をせず正当な理由にならず)を提示しつつも指摘を受け回を重ねるごとに軌道修正してきたつもりですが、どうやらギドラさんに納得してもらえるものに至ってないようで無駄レスに付き合っていただきありがたく思います。
そちらの意思を読取り「一時休戦」の「案」うけたまわったつもりのレスでしたが・・・
>「個人の事を表面上の印象で誹謗するな」
と言う事に関してはギドラさんの主張を私が納得した満足な回答があったと判断されての事と思ってました。
あくまでもギドラさんのこだわりは戦争論・米イラク対策以前の上記の事ですからと思ってましたが・・・
>>「私が抑える」という意味と捉えたわけですな。
ギドラさんに限って、今までの投稿姿勢で「あいまいな手打ちでシャンシャンしてる」とは夢にも思ってませんでした。誤解をさせてすいません。
イイ年こいての未熟な読解力・不充分な文章にイラ付きつつも押さえて付き合っていただき大変ご苦労をおかけしたと感謝しています、しかしあきれられてしまったのは分かりますが今回のレスの仕様にはいささか憤慨しております。
話し相手に対して・・たしかに私は貴方の空気を読まずギャグを入れてのレスをしていましたし我慢しているのでは?とスタイルをマジメモードにした「つもり」でしたが、「何考えてんの?」「それぐらい読みとれ」だのレスをかえすには尋常ではないものを感じます。

>>私にとっての戦争とはあくまでの外交の会話の延長線上
      ↑
>あんたは中世ヨーロッパの王侯貴族か?

くだけた感のツッコミ型のレスでしょうか?
どうやら議論ではなく本当のケンカになってしまうようです。
意見を尊重する姿勢、今回感謝しましたがココに来てこんなレスをつけてしまうようでは。





--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 27日 09時 04分 13秒


>マンプリさん
お気遣いありがとうございます。

webコミュニケーションをどう考えるかというのはなかなか難しくて、まだ作法が確立していないんですよね。
一般的には、文章だけでやりとりするので相手の真意が測りにくいとされていますが、
私自身の体験からは、文章だからこそ露わになる本性というものもあるように思います。
直接顔を合わせるだけでは見えない人間性が出てくることもあるようです。
そして、文章から見えることと対面したときに感じる印象のどちらもその人間の実体であろうと思ったりするのです。

諍いというのは不愉快でありますしストレスを増しますから、基本的には避けるのが正解ですよね。
それでも「諍い」を避けようとするあまり、ネット上だけで「いい人の仮面」を被り互いに誉めあい真綿でくるむような物言いばかりするのも、裏返せば言いたい放題で誰も彼もが貶し合うのと等価になってしまうように思います。

結局、ネットだろうが電話だろうが手紙だろうが合コンだろうが、人間同士のコミュニケーションに必要な作法というのは同じではないかと思うし、
同じにしなければダメだと思っています。

つまり、ネットだからといって軋轢・衝突を避けるばかりではコミュニケーションとは言えず、それぞれが自分の気持ちよさだけを求めることになるんじゃないかと危惧するのです。

ずーっと以前ですが、上岡龍太郎氏が
「悲劇、喜劇というのはジャンルとして認められているが、怒劇(どげき)というものも大事にしなければならない」と言っていて、なるほどと膝を打ちました。
観客の怒りを喚起するようなドラマが必要じゃないかという話だったと思います。
そういう意味では黒澤明監督の『天国と地獄』『悪い奴ほどよく眠る』(殿様ギドラ命名クロサワ悪の二部作)は見事な怒劇。
というのは余談ですが、怒りの感情にも蓋をしないことが大事だと思っています。

このギドラ掲示板はそんな考え方で運用したいと思っております。

ただし、webコミュニケーションの場合、言葉のみのやりとりになりますから筋が通らない話のつなぎ方をするのでは「話になりません」。
自分の言いたいことばかりをまき散らして、相手が何を問うているのか、何が議題になっているのかを考慮せず、さらには間違いを指摘されても無視して手前勝手に話を進めるというのではコミュニケーションですらないことになります。
それに、感情を素直に出していいと言ったって、そこには「常識」の枠がはまってくるわけで、
自分をさらした結果、回りからその人間性を推し量られるのだという(当たり前の)事実を意識すべきですね。

ということで、

>とこさん
そんな態度じゃ、喧嘩も出来やしませんぜ。
私が
>戦争論とか「北対策」の話は、ちょっと間をおいて機会を見計らって続きを話したいと思います。
と言ったのを「私が抑える」という意味と捉えたわけですな。
何考えてんの。
この一週間、私が何を言っていたか。
私が問題にしていたのは国際政治の話ではない。
わずかに触れた文章もあるが、戦争だのなんだのの話以前にケリをつけなきゃいけない話があったのに、あなたが自分勝手に暴走するから一旦打ち切りたかったのだよ。
それでも、あなたに対して「その話はもうやめれ」と迫るのでは角が立つと思ったから、自分も一緒になってそんな話をしていたような形で「やめましょう」と書いたのだ。
それぐらい読み取れ。

という話とは別に
>私にとっての戦争とはあくまでの外交の会話の延長線上
      ↑
あんたは中世ヨーロッパの王侯貴族か?

>ダイチャンさん
「知る」こと。
大事なことなのに、だんだん難しくなってきたように思います。
マスメディアが商売の発想に染まっているような恐れがあります。
報道するときに優先されるのが、情報としての重要性よりセンセーショナリズムになっている感が強いです。
たくさん売れるか、視聴率が取れるかが重視されているような・・・。
恐い世の中になってきました。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 26日 15時 51分 48秒


みなさま、書き込みありがとうございます。

ちゃんとしたレスを書く時間が取れなくて、今日のところは読みました~というお知らせのみで失礼いたします。
(私はそんなに優しくないっすよ~)
多分明日はちゃんと書けますので。

--------------------------------------------------------------------------------
ダイチャン さん (cid74120@syd.odn.ne.jp) 2004年 04月 25日 20時 06分 49秒
URL:http://www2.odn.ne.jp/cinema-daichan/

映画の中の「ドンパチ」は大歓迎なのですが。
現実の闘いが展開しているいま、昔みたいに例えば「戦争映画」を楽しめなくなって
しまったのも事実です。やはり、現実の前に、自分の中の何かも影響されているんですね。
少なくとも、「なぜ起きてしまったのか」「何が起きているのか」「何が起ころうとしているのか」、
これらについて、まず「知ろう」とすることが、具体的にできるものが思いつかない、
いまの自分には大切かな、と考えています。

<ここから自己PR スミマセン>我がHPで、2ヶ月ぶりに上映会を更新。テーマは
「映画と拳銃」(上の記述と矛盾してないか?)。よろしければお立ち寄りください
<自己PRデシタ>

--------------------------------------------------------------------------------
マンプリ さん 2004年 04月 25日 11時 33分 06秒
URL:http://strawberrymoon.web.infoseek.co.jp/

戯れ言であるとお考え下さい。

ネットマナーと言う言葉があります。
つまり、
自分の主張を言うのは良いけれど、
その際は必ず「相手に対する思いやり」がセットでなくてはいけません。

掲示板だからといって、
好きな事を書いて良い、と言う訳ではないと思うのです。

外国の事を語るのも大事ですが、
その前に、
もっと身近な方にも、思いを馳せるべきではありませんか?

とこさんも、
管理人さんの優しさに気付いてさしあげるべきです。

自分ではそう言うつもりはなくても、
書いた言葉が一人歩きしてしまうのが、
ネットの一番恐い所です。

まぁ、
私自身も、ついつい独り善がりな事を書いてしまう事が結構あります。

ですので、
これは私自身に対する戒めであるともお考え下さいまし。

やはり掲示板は、
みんなで楽しく!でなきゃ!

--------------------------------------------------------------------------------
とこ さん 2004年 04月 25日 10時 20分 11秒
URL:1週間お疲れ様でした

なるほど「トムとジェリー」ですか、たしかに「仲良くケンカしな」ですなw
私にとっての戦争とはあくまでの外交の会話の延長線上、北さんを例にとって悪いのですが。
あのような他国の領土に侵犯し邦人をさらい思想教育し外交カードにも利用「返してやるけど、その前に金よこせ」と理不尽きわまりない恫喝外交されてしまっては、国によっては「宣戦布告?上等だよ」という勢いで「救出」に重装備で赴く国もありますでしょう。
北さんは、現在の価値観で先に手ぇ出したもん負けと日本はそういう事ができないとタカをくくり国内にも鼻薬の聞くお偉方がいるので言いたい放題なのでしょう、恫喝するのに金かかりませんし。日本は拳を握り閉めて挑発に乗らず平和の為に家族とともに耐えてます。
そうそう多くの子供達が無くなったと報じる北の列車爆発事故、暗殺未遂とかウワサされてますが、もしも暗殺が本当で子供を犠牲に命拾いしたキムの内心はいかがなほどなのでしょう。んで、国際社会に救援を求めるのはかってです、、援助した日本からのODAといアブクゼニで経済的に余裕ある中国が援助したそうですが、それを北は「評価」してくださったようです。
というわけで、おつかれさまでした。


テレビ放送まで待った「小林サッカー」おもしろっかっす
オープニングほほーwと思わせ、よくまぁ、あれだけの個性の強い役者さんを揃えたと関心するし大げさな劇画的演出にも大爆笑!予想通りのピンチに現れた助っ人も!観客の期待を熟知しているようですな。
あの演出「巨人の星」を彷彿させるが、実写でまんまでやるとギャグになっちゃうんだろうなぁ。
ところで、付けヒゲの少女2人は一体なんだったのでしょうか?かわいかった。

最後に、ロムの方長い間すいませんでした。

当方、マンガ的北対策ありますが、ちょっと間をおいて興味がありましたら後日リクエストしてください。



--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 25日 08時 57分 44秒
URL:BARキター!

まずはサンマリノGP予選!

BARホンダのバトンがポールポジションですぞ!
兄マッハはなんとか2位にすべりこんだけど、久々に予選アタックでミスる兄マッハを見た。
しかし、ミスったからポールを取れなかったということではなくて、バトンのタイムを上回ろうとして無理した結果のミス。
(まーしかし、一瞬コースアウトしそうになったときのリカバリーには「震え」ました。兄マッハ、ドラテクはやっぱりとんでもない。車の姿勢が乱れても、前に進めながら《アクセルをゆるめることなく》正確にステアリングを修正している)
予選3位にはモンモンが入って、役者はそろった!

というところで、うーん、琢磨は予選7位。
川井ちゃんはバトンと作戦を変える(燃料搭載量が違う)可能性はまずない、と言ってましたが、そのあたりどうなんでしょうね。
もちろん、琢磨の予選結果がアタック失敗のせいだとしても、レースディスタンスなら挽回する可能性もあるわけで、マシーンに基本的な速さがあるなら表彰台も夢ではない!?

(あっしのシナリオじゃ、セナ没後10年のサンマリノで琢磨初表彰台、そして日本GPで優勝という流れなんだけどな)

今夜のサンマリノGP、気合い入れて見るぞ!

>とこさん
どうもです。
私の思いは
「これからも喧嘩しに来てください。」に込めています。
喧嘩友達というのもあるということで。
(トムとジェリーみたいなもんか)
それから、「戦争なんかしたくない」とのこと。
それならなんらかの建設的な対話が出来そうです。
(すいません。これまではもっと積極的に戦争という手段に価値を認めている方だと思っていました)
戦争論とか「北対策」の話は、ちょっと間をおいて機会を見計らって続きを話したいと思います。
いまの空気はさすがにまずい、と。

--------------------------------------------------------------------------------
とこ さん 2004年 04月 24日 11時 36分 18秒
URL:読解力なくとも、ここはジックリコトコトレスつけたいなと。

まもなく予約さんがくるのでその分空白あきますが・・・
とりあえず、ホント、ギドラさんと同様、よそさんから見れば「言い争い」ごめんです。
やっぱね、いみじくも閉鎖まじかのHPで知り合い旅のついてででもワザワザ出向いていただいてドッキリカメラよろしく顔を見せてくれて私をパニックに落とし入れてくれるような人がレスくれたら価値観違っても責任持って正直なレスを返したくなるもんです。

「仲良しの定義」
どうやたまたしても誤爆!そのうえプライバシーを得意げに披露してしまうまとは!
もしかしたら、わたしのあまりにも冷酷で情け容赦ない国枠主義的な彼ら3人への今までの発言を・・うーんなんていうか、「議論するうえで異論反論あろうとも『仲良く』議論できる相手(仲良く)とできない相手で(仲が良くない)私の場合は後者ということでしょうか?
それとも(来客!)
(すいません・・えっとなんだっけ)普通に交流または会う機会があったとしても今までのやりとりでの印象が邪魔をし人としてそれはできない。
ということなのでしょうか?

>私があなたの思想(?)を持っているなら、こう言いますね。
「アメリカの顔色をうかがってイラクへ自衛隊を派遣するなど馬鹿げている。日本はいますぐ憲法9条を破棄して軍備を増強し、北朝鮮に軍事的な圧力をかけて拉致被害者返還を求めるべきだ!」
うーん、ちょっと違う北に対しては「軍備の増強」するまえに「しかるべき時には妥当なダメージをあたえる事ができる」ように改憲するべきぐらいでしょうか。
「不審船」の動き、あからさまに「どうせ当てやしない」という動きでしたね
で、着弾されるや、あわてて自爆。
北は「力こそ正義」だと思うのでソレだけで相当な圧力になると思います。
でも大切なのは『平和的解決』、そのために『平和的解決』の犠牲になり拉致被害者は耐えているのではと思います。
私も含め、ほとんどの国は戦争なんかしたくない
だから大体は歩みより譲り合って戦争を回避しているのではないでしょう。
国交のない国(?)から拉致された人を救出しに行く。これは全然アンフェアではないと思います。自国民を保護するために軍隊を保有する国(?)に行くのだから仕事するのは自衛隊でしょう
そうやってほしい、口で簡単ですが北は「宣戦布告」と待ってましたばかりにヤケを起こすでしょう、でもあくまでも政策では「平和的解決」、拉致被害者・家族には我慢を強いてるように思います。
なかなか送信できません、誤爆が恐くて・・wとりあえず不充分でもレスしないとはじまらないので。ぽちっと。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 24日 09時 08分 26秒


心はサンマリノGPなんだけど、どうもまったくだらしない管理人ですな。

GTフォースプロのその後。
やっぱり新品交換。
でも、ロジクール側はきちんと不具合があったことを認めてくれました。
(故障の原因に関する報告はなかったけど)
で、プレステ2本体にコントローラーを接続するときの段取りが本来の説明書に書いてあるやり方ではまずい場合があるんだそうで。

説明書にはプレステ2を起動させる前にコントローラーを繋いでおくことになっているのだけれど、
今回添付されてきた注意書きには、コントローラーを一切繋がない状態でプレステ2およびゲームソフトを起動させ、そののちGTフォースプロを接続せよ、とのこと。

コントローラー交換以後、不具合は出ておらず、実に快適にリアルドライビングシミュレーターを運転しております。

(って言っても兄貴が入院中だからGTユーザーいないか)

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 24日 09時 02分 45秒


>みなさま
どうもすいません。
言い争いは気持ちの良い物ではないですよね。
よその掲示板では言い争いはメールでやってくれ、というところも多いみたいですが、
いろいろ考えあって不快なことも公の場でやり合うべきだと考えておりますので、どうかお許しください。

>とこさん

なーんか、なんにも伝わってないのね。
私の文章表現力の足りなさかもしれんですが。

説明不足だったと気がついた点を補足。

「仲良し」の定義が私とあなたでは違うようだ。
対話の相手と言うだけでは「仲が良い」とは思わんのです。

仲が悪くても「対話」はするのが私のやり方。
言論を封じることは極力避けたい。
(今回、何一つログを削除しなかったでしょ)

アメリカの欺瞞にとこさんが気が付いていることぐらいはわかってますよ。
私があなたの思想(?)を持っているなら、こう言いますね。
「アメリカの顔色をうかがってイラクへ自衛隊を派遣するなど馬鹿げている。日本はいますぐ憲法9条を破棄して軍備を増強し、北朝鮮に軍事的な圧力をかけて拉致被害者返還を求めるべきだ!」

私が仲良くは出来ないな、と思ったのは倫理観の違いに起因するのだ。

--------------------------------------------------------------------------------
とこちゃん改めとこ(ちゃん)、とこちゃんさんちょっと違和感あるから。 さん 2004年 04月 23日 13時 29分 29秒
URL:回答のみ

マジメな雑談してるつもりだったけどケンカ腰になってる?誤解させてたらごめんね。
(誹謗中傷的な発言に関してはギドラさんの指摘を受けて納得し反省したという旨の投稿したつもりだし以後誤解のない様に投稿、最近の投稿では固執したものの見方をしないように努力しつつも高遠さんの解放時のコメントのみの印象を私はこう感じたと投稿、カメラマンに至っては中傷はしていない、むしろプロとしては名声もほしくなるのはあたりまえと彼には「その気持ち」のみには同意している。
今井さんへの譲歩は、失礼ながら本人が未成年と言う事で成熟していないであろうと配慮した投稿内容。これでもまだ足りない誹謗しているといわれるのなら、私の投稿に不備があり満足な回答になってないのなら御面倒かけますがご指摘下さい、過去投稿みながらの返信ですが気付かない個所もあると思いますので。
>>これからは発言は気をつけるけど3人と、その周辺に対する見方はかわりませんよ。
いやいや、まずは「腐臭」などという口汚い表現についてですよ、正直大人気なかった。
次には、本音を隠すと言うか、人それぞれ考えがあるから、それなりに嫌悪感を感じさせないように、受け入れてもらえそうに発言すると言う事、イイ年こいてお恥かしいがイイ経験になりました。
>>>今回もうまくできてます、わかってます。でもそうするしかないんです。
ギドラさんとは違いますが「この日本のありかた」を悲しんでの言葉です
アメリカの善意?なんでしょうかそれは?アメリカの欺瞞と強引さについては少しレスにあると思うのですが。
今はアメリカの飼い犬だけじゃない、中国・朝鮮の属国みたいにへこへこしている日本になんとか物言える国になってほしいですよという理想があり、この現実をできる事なら変えたいと思いますよ。

>>要求の内容はどうあれ、たとえ正論でも、訴え方が間違っていたらその要求は容認できない。
これはゆずれない
「派遣・撤退」の決定に関してだったら、日本が物言える国だったらソレもありでしょう。

お互いの内心の思想の違いで仲良くできるとかできないとかというのはいかがなものか・・受け入れれないとおっしゃるのなら仕方ないですが。その思想をどちらかが押し付けようとしたら別です。
かつての・・今もかな赤旗読者と思想は別にして仲良くしてますがなにか?
遠慮してるわけじゃないんですよ。お互いの思想を尊重もしくはソレとコレを区別してつきあってるんですよ。討論すると永遠平行線なのわかってるから、思想でメシ食ってるわけじゃないしw。
面倒くさがりやで、あんまり来ませんが、雑談では盛りあがり外国人の参政権云々等で口論になる在日のお兄さんが御客さんで来ていますがなにか?

そんなところでまたきます。



--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 23日 10時 12分 16秒


>とこちゃんさん
きっちり読み直しましたよ。(文章の乱れには苦労したけど)
被害者3人に対するあなたの意見は、根拠の薄弱な推論に基づくものばかりで、その上、根拠が薄弱だと認めていながら今井さんだけに対して譲歩している。
繰り返すが、会ったこともない、その発言や主張もほとんど知らない人物について人格まで誹謗することを私は許さない!

>これからは発言は気をつけるけど3人と、その周辺に対する見方はかわりませんよ。

この「発言に気をつける」というのは本心を隠すという意味でしょうか?
そんなことはやめてください。ずーっと本音を語ってくださいよ。
お互い本音を出さないままで仲良くしても意味がないです。
たくさん本音を語っていただいたので、私の気持ちも整理されてきましたよ。

細かいことは省きますが、

>今回もうまくできてます、わかってます。でもそうするしかないんです。

>要求の内容はどうあれ、たとえ正論でも、訴え方が間違っていたらその要求は容認できない。

この二点だけで、仲良しにはなれない人だなと思いました。

理想のために現実を変えていく意志がないのですね。
「そうするしかない」とは。
本当にほかの選択肢がないのかどうか考えてますか?
単純な考え方に逃げているんじゃないですか?
日本に米軍が駐留して睨みを効かしているのを、純粋にアメリカの善意だとでも思っているんですか?
ま、そんな偉そうなことを言いながらも私は専門家ではないので、具体的な解決策を見いだしているわけではないです。
それでも、「北」の問題を鑑みてイラク問題に首を突っ込むなんて筋が通らないことを「仕方がない」と容認する気はない。
そもそも政府は北の拉致事件についてその後なにをやっているのか。
イラクに首を突っ込んでいる場合ではなかろうに。
(理想ばかり語る馬鹿者、対策もないくせに国を批判するサヨクと見えるでしょ)

そして、どんな手段で突きつけられたとしてもその内容に正当性があれば受け入れなければならない。
その上で、相手の悪を追求しなければならないのだ。
今回の例で言えば、
「テロリストに脅されたから自衛隊を撤退させる」のは間違っているが、
事件がきっかけであっても、議論が進み自衛隊派遣が間違っているという結論に達したなら撤退すべきである。
悪者に言われてその通りにするのはイヤだ、なんてのはガキの論理ですな。

しかし、いくら正しい主張をしていても、誘拐・脅迫という罪は消えない。
それはそれとして断罪するのが正しい。

ということで、これからも喧嘩しに来てください。

--------------------------------------------------------------------------------
とこちゃん さん 2004年 04月 22日 10時 20分 13秒
URL:あ。別レスついちゃった。

おはようございます
>私が問題にしたのは、そんな不信感が元になって、物事の受け止め方が固定化しているんじゃないか
>というあたりです。
3人に対する事でしょうか、それでしたらもう一度過去レスを読んでください
ボランティア及び団体については吟味しているつもりです、御心配かけてすいません。
あ・・そうそう、随分前のレスでボランティアできなくなった理由「家族」ってしたけど、たぶんココで
話したと思うけど障害者に対するプロ、職員の対応の仕方に疑問を持ってやめちゃったというのが本当の
ところです。

>その話とは別に、私は湾岸戦争(いや、イラン・イラク戦争か)から始まるアメリカの対イラク政策には
>不信感バリバリです。
お気持ち分かります。アメリカは大2次大戦に参戦したく世論誘導のために卑劣なABCD包囲網に屈する事を
さけるため日本の真珠湾攻撃を分かっててやらせてという「説」があるぐらいですし、原爆での一般人虐殺を
相殺するために東京裁判では随分と日本を悪役にしました
現在では、そのアメリカから脱脂粉乳とともに輸入された憲法9条を信仰し政治レベルで軍隊に自分を守れない
ようにしている。

そうです、今回もうまくできてます、わかってます。でもそうするしかないんです。
昔、ドイツと同盟を組んでいた時ユダヤ人のジェノサイドの手伝いを要請されたそうですが、同盟は組んでるが
目的が違うとキッパリことわったそうです。確固たる信念があり一国になっても大丈夫という自信の表れでしょう
その自信の根拠なんだったのでしょうか?

>先方がそれを望んでいるのかどうか、そこが問題ではないのか。
先方・・イラクの事かな?
それがわからない!同胞同志で一方はアメリカを招き一方は拒絶する
「感じるところ」復旧作業は他人任せ
借りた支援給水車で小遣いかせぎする無秩序な行動
やっぱりアメリカは余計な事をしたようですね、フセインに恐怖政治(ん?これはアメリカのイラクネガティブ
キャンペーンか!?)でまとまってた方が彼らは幸せだったのかもそれません。

>人質事件。
>明らかにあれは犯罪です。
人質達の行動の賛否とテロリズミの考察、これは区別すべき事
それにしてもテロ批判なかったなぁ・・・当事者からも。

>自衛隊を撤退させること=テロに屈すること、ではない。
要求の内容はどうあれ、たとえ正論でも、訴え方が間違っていたらその要求は容認できない。





--------------------------------------------------------------------------------
とこちゃん さん 2004年 04月 22日 09時 23分 56秒


政府による陰謀、とても興味深く読ませていただきました
とりあえず、「誘拐された」のまず一報で渡航禁止地域に善意で行くのは勝手だが「なにやってんの?」と思い、冷たいようだが彼らの今後については心配するという衝動にはかられなかったっていうか無関心
この気持ちは反戦団体の片手落ちいや、矛先の違う抗議活動がはじまり、被害者家族が「テロリストの要求に応じよ」「みなさんの協力を!」(ん?俺達も勝手に行った人達のためだけに政府に撤退をするよう働きかけよってか?)とか政府批判をするようになってから、人質にはこれ以上迷惑を重ねる事になるから殺されるなよと心の中で祈った。
いままでは「彼らの生」がテロリストに利用され、今度は「死」が利用される
すくなくとも彼らには純粋な正義感があっただろうにこれでは浮かばれない
そうか・・ここまではよかったんだ!
政府によるネガティブキャンペーン恐ろしい事です。となると記者会見で見苦しく自己中心的な発言で私が怒りを感じてしまいましたが、あれはワザと!?彼ら家族は被害者のふりをして陰謀に手を貸してしまったんですね、おそろしーい。
先の事を普通の国民に見せてしまったマスコミ・・・これは陰謀に関わってたのかもしれませんし、一方で人質擁護と見せかけのバランスをとりつつ巧に反米も絡めて世論誘導のために人質を利用したかもしれません、これはもう人の皮を被った鬼です!
どう見ても事件に悪ノリしてしまったとしか思えない反戦団体も裏で政府と・・・
NGOもあやしい!
そうかぁ・・・巧に洗脳された人はその事に気がつかないと言うがやられた!




--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 22日 08時 57分 03秒


>とこちゃんさん
どうも、なんか、論点がずれてるような。
あなたの反戦団体や社会奉仕ボランティア団体に対する現在お持ちの不信感を云々するつもりはありませんでした。
私が問題にしたのは、そんな不信感が元になって、物事の受け止め方が固定化しているんじゃないかというあたりです。
特定の個人、団体に対して「見方は変わらない」と断じるのは変じゃないかということです。(そこまで言い切る根拠はないでしょ、と申し上げたのです)

その話とは別に、私は湾岸戦争(いや、イラン・イラク戦争か)から始まるアメリカの対イラク政策には不信感バリバリです。
イラクに対する権益を確保するために屁理屈を並べて口も手も出しているだけじゃないかと感じられます。
(湾岸戦争終結後も空爆を続けたのはなんのため?)
日本にも自衛隊を出せと迫ったのは、国際社会で孤立化するのを嫌ったのでは?
(「北」の脅威に対抗するにはアメリカと仲良くせざるを得ないという状況もうまく利用されている)
そして自衛隊派遣の欺瞞。
イラクはいまだ戦場でしょう。(だから民間人が乗り込むことが批判されるのでしょ?)
そこへ満足に戦闘も出来ない軍隊を派遣することの危険は無視されるのか。
派遣するなら抵抗組織との戦闘も出来るような法整備ののちに実行するべきではないのか。
もし、いまの体制で自衛官がイラクのテロリストを射殺したなら殺人罪が適用されるそうですね。
そんな馬鹿な、です。
派遣賛成の方は、そんな状態に置かれた自衛官の立場を考えているのか。
もちろん、私は自衛隊が自由に戦闘できるなら派遣に賛成というわけではありません。
先方がそれを望んでいるのかどうか、そこが問題ではないのか。

人質事件。
明らかにあれは犯罪です。
人質を取って交渉に使うとは卑劣です。
人質になった人々を批判することで、彼らに対する暴虐について考察することがおろそかになっている。
「なぜ彼らは自衛隊に撤退して欲しいのか?」

自衛隊を撤退させること=テロに屈すること、ではない。

>WARASIさん
私も今回の被害者への批判大合唱には違和感という言葉では到底足りない反感を感じました。
安全確保のための配慮に足りない点があったとしても、人道的な目的で危険な場所へ身を投じた人々をなぜそこまでなじらなければならないのか。
悪いのは犯人グループではないのか。
大勢の中には「イラクは金になる」とか一時的なヒロイズムで軽々しく足を踏み入れる人もいるのでしょう。
しかし、そんな事実をならべつつ、いつの間にか今回の事件の被害者がそんな人間であるようなすり替えが行われていなかったか。
ジャーナリストに関して言えば、本当に危険な場所に足を踏み入れなければ現実を伝えることが出来ないものです。
「行くことそのもの」を批判してしまえば、我々はお上の発表しか知り得ないことになります。

国家権力とは諸刃の剣。
今回改めて痛感しました。
人間は管理されなければならないが、管理することを目的にした組織はその機能を最大限に発揮しようとして組織の保全を第一義に考えるようになる・・・。
国家権力もまた監視・管理されなければならないはずです。

--------------------------------------------------------------------------------
WARASI さん 2004年 04月 21日 21時 08分 30秒


ギドラさん、今回の人質事件に関しまして色々な情報を鑑みて、私なりに整理した上での政府側からの考察論は以下です。ただ、多少の情報も調べた上で書いておりますが私の個人的な推察も混入しておりますので、あくまで参考意見として読んでください。
まず今回の事件、同じ一般市民が、その同じ同胞をあまりにバッシングしてた状況に驚きましたが、(新聞の読者投稿欄なんて、一時期、その80%程が、3人に対して、批判的なんて時期もありました)こういう事態もほぼ例のなかった状況ですので、これはなにか、裏があるなと眉唾な物を感じておりました。
まず、拉致事件が起こってすぐに政府は、アメリカからの要請もあり、3人の身辺調査を、警察、公安調査庁、内閣情報調査庁などをフルに使って、調べさせ上げた。
すると飛び出てきたのが、今井氏の両親が共産党の活動家であるらしいという事である。(実際、両親ともそんな活動家ではなく、ごくごく普通の方々であるという証言が近い人々の証言でなされている)それらの真偽は別にして、政府はこの情報に飛びついた。私自身は決してそんな意識はないが、少なくとも自衛隊派遣に対してのその猛たる敵対勢力という意識が政府や公安等に渡ってある様である。いわゆるイメージにおけるマインドコントロールである。そういうものをネタにした上で、更に勧告を無視した自己責任の欠如者達という更にネガディブないイメージを世間一般に植えつければ、彼らを善意の人々ではなくせ、逆に社会悪的なイメージを世論に植えつけられる。なぜ政府は彼らを悪のイメージに染める必要があったか?それは、自衛隊撤退は、アメリカのプレッシャーでまず出来ない。解放は宣言されたが、中々解放されず、このままいけばもしかすると3人が惨殺される可能性もある。そうなれば、ボランティア活動家等善意の人達を救えなかった小泉政権の責任は重大である。世論が撤退に向かい、政権の屋台骨もゆらぐ。その最悪の状況を少しでも緩和するためには、彼らを善意の人では、無く日本にとって反社会的な悪、、、殺されても世間一般に同情もされないような人物達にリセットしておく必要があったのである。
それに世論が彼らの批判に向かえば、肝心の自衛隊派遣問題の批判も影に隠れ、一時的でもぼやかされる。一石二鳥である。なんといっても派閥の無い小泉政権、生きる綱は昔より、支持率と世論のみである。政府某所は喜びいさんで、これら彼らのプライベートな素性を裏から表からリークした。政府内の抵抗勢力もこの情報を聞けば、3人の擁護論は展開しないだろうという計算のもとに、、、。
今、マスコミでも言われているが、肝心のイラク内では、情報収集も交渉もまったくできなかったくせに、日本国内でのこういう活動には長けている、まったく内弁慶のみの政府機関である。情報管理上なにも言えないを連呼していた機関であったが、ホントは、なんの情報も収集できない、なんの交渉も出来ない状況を知られたくなかっただけなのではないか?ある雑誌に載った政治評論家の森田実氏のコメントをそのまま写すと「権力は自分の正当性が証明できなくなると、相手の欠点をほじくりだし、メディアに宣伝させて{どっちが悪いか?}という二元論に持ち込む。イラクへの正当性を主張できなくなった政府・与党が被害者と家族の身元を調べ上げて彼らを葬り去ろうとすることで国民の目をそらそうとした。歴史は繰り返します。戦前のようなイヤな時代が、確実に始まりつつあります」、、、、
本日の福田発言もその内でありましょうか?皆さんはどう思います?
私は固執的かもしれませんが、靖国神社の時は、内閣総理大臣と堂々と記しておきながら、個人参拝だといいはり、自衛隊派遣の問題を聞かれると、私個人の問題ではない国家の問題だ!とのたまうカメレオンカラーの小泉首相がとても信じられません。
あんたが決めた事だろう!!内閣総理大臣の立場として聞いてんだよう!!これで人の事を自己責任・自己責任といえるのか!?、、、と言いたいのであります。
それに「退避勧告を無視した自己責任欠如者が悪い」という説が一般的に蔓延しておりますが、確かにもっともすぎてその通りで、迷惑、心配をかけた方々は大変だったと思います。彼らがこれ見よがしにそれをステータスにするのも間違いだと思いますでも、大人だったら、一歩引いて何故、退避勧告を無視してでも行かなければならなかったのか?を考えてあげましょう。これは、昨日、TVで安田さんもいっていました。彼らが叫んだ、ファルージャでは、何千人の子供が死んでいるんだよ!という言葉が耳から離れません。
尚、私自身は、共産党とか、公明とか、他のちょっと危ない関係とかまったく属さない、信仰さえないまったく平々凡々人ですので、誤解なさらないように。

--------------------------------------------------------------------------------
とこちゃん さん 2004年 04月 21日 12時 12分 02秒
URL:タイトル

まずは、この場を借りてる立場で出過ぎた配慮ですが、ロムしてる人引きまくりかと・・すすんません。
まず、レスレスを・・・
>PTSDの人間に無理をさせる団体も理解できません
>とつながってしまうところになんらかの先入観がありませんか?
バランスとろうとはしてるんだけど先入観ぬぐえないのよ・・またかと。
自己弁護だけど、遠い過去からのマスコミが報じる事からの感想では「ハンセンヘイワ団体」はアメリカ批判はするけれど北の軍事国家・中国の軍備拡大と台湾への威嚇、軍需輸出・韓国の徴兵制等彼らの言う「日本がいつか来た道」を批判しないバランスのとれてない主張をしている。で、今回の、もう本人(本人達についての危惧については批判じゃなくて過去ログにあります)はぬいて今回の彼らの周辺の言動、と信じる信じないは別として3人に対しての「自己責任とは?」とバランスをとるジェスチャーをしつつ冠つけてるけど3人擁護の大合唱と反米思想をからめてのマスコミの報道。一部タレントは公共電波で「謝る必要ない、今の日本(批判的)はオカシイ」と言い放しニュースの一アナウンサーが偉そうに批判者を糾弾発言(心無い誹謗中傷の電話等すべきではない・・一部では批判もあったのでは?少なくとも批判と誹謗中傷と言うべき、以前に一アナウンサーが言う事なのか?)
おっと、ずれてしまったけど、ハンセン団体が3人家族と人質奪還を前面に出しつつも日頃主張している「派遣反対、撤退すべし」の集い。アメリカと政府批判でテロへの批判はなし。
誤解のないように一応、これはあくまでも自分の知るところのみのマスコミ情報
んで、このマスコミ報道がNGOの思うところではなくマスコミが自分の都合のいいように流し間違って私が感じる不信感を煽るような内容だったらNGOはマスコミにたいして誤解を招かないようにする必要があると思うがやらせてる、気がつかないと言う事もあるので、これまた憶測すまん。あとは危険を承知だったとしたうえでの政府批判
とりあえず一部NGOに対する不信感はこんな感じからでしょうか

3人への不信感。腐臭発言の反省を踏まえて

未成年の今井さんへは過去ログの危惧と言う事であえて偽善者とは思わないように努力します、まだ若いんだから。周りの大人に政治利用されないようにバランス感覚もった活動を望む。あと慈善事業でも周りの状況と現実を見極めて衝動で動き出さないように・・・
彼の跡を追う若者の良き先導者になってほしいと安全なところから傍観者が一言。
高遠さん、解放後の「彼らを嫌いになれない」という発言に不信感、少なくとも命を脅かされ道具にした、たぶんイラク人は別なのでは?酷い目にあったけど「反米・自衛隊派件反対
撤退すべき」という主張が一致し相殺しているような憶測が・・・現地の人への配慮だとしたらあえて発言は控えるのでは?と、それをあえてワザワザテレビの前で・・・????
その周辺への不信感、上記のとおり。
私は彼らの周辺の人間ではないし情報収集も足りない。
これでも、「憶測です」「言いきり材料が少ない」と言われてしまえば、もう直感ですとしか・・・それが受け入れられなければ・・・うーん。

>目と心を開いていれば、物の見方が変わってくるのは当然。
>また、物の見方を変えていくのが成長。
はて、これは一体!?
教訓ありがたく頂戴いたします。
目と心を開いているかどうか・・・小学校で卒業してもなお「お題目」のように唱えられる
当時の背景無視絶対悪センソー反対のお説教と政治思想ある一部ボランティアの主義主張が全開バリバリの目と耳からはいってきます、見極めようしてもこれじゃ・・で、別の主張を見聞きして現在に至る
ガンジーのような無抵抗主義のいじめられっこ子供時代から現在こんな形で成長しました。









--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 21日 11時 14分 36秒
URL:書かずにおれないもので

管理人自ら流れを乱すのもナニなんですが、
アイルトン・セナが亡くなって丸10年。

ゆうべフジテレビ系で放送した「すぽると!」セナ特集を思わず見てしまいました。
別段新たな逸話とか事故裁判最新情報なんかもなかったですが、スタジオに中嶋悟さんも来ていて、セナを思い返すにはいい番組でした。

10年前のサンマリノGP週末は鮮烈に覚えています。
PCエンジンでF1ゲームをやりまくっていて、そのゲームに収録されているコースのうち94年のGP初登場がサンマリノGP・イモラサーキットでした。
いまのゲームに比べればとんでもなくしょぼいグラフィックのイモラを走り込んで、
それなりにコースレイアウトを覚えてから現実のGPを見るということをやった初めてのGPでした。
それが予選で新人ローランド・ラッツェンバーガーが事故死したというニュースが飛び込んできてぎょっとなりつつ、
決勝日の日中はなぜかわざわざ電車に乗って国立市のF1グッズショップをのぞきに行きました。
そこはどうやら日本人と結婚したイギリス人が経営する店らしく、
オーナー自ら収集したとおぼしきF1レーサーのサイン入りグッズなどが置いてありました。
私と妻が訪れると、狭い店の片隅にあったテレビ(それまで時代劇が映っていた)に前夜の予選を録画したビデオを流してくれたりして・・・。
なのに、なんにも買わなかった。(ジェームス・ハントのサイン入り自伝本が欲しかったな)

その夜、決勝の放送前になぜかスポーツニュースを見てしまった。
通常は、要らぬ情報を遮断するために決勝放送前には絶対にスポーツニュースは見ないのに。
冒頭、いきなりセナのマシーンがウォールにぶつかる映像から始まったと記憶しています。
アイルトン・セナがサンマリノGPで大事故とのニュース。
固まりました。
その後の決勝放送は、現地からの生リポートの後で録画されたレースを流し始めたもののいきなり中断してセナ死去の知らせになりました。
結局サンマリノGP決勝の模様はそれ以上放送されず、現地からのリポートが明け方まで続きました。

10年経って、セナに対する評価もさまざまになっているようです。
貶す人も多いようです。
それでも、あれほどの存在感と速さへの純粋さを否定できはしないでしょう。
多分、セナはどこか変な人だったのでしょう。
でも変だったからこそ、彼を見ることで感動できたのではないかと思うのです。

彼がいなくなったF1に感じた喪失感は巨大でした。
亡くなるまで私はセナに特別な感情は持っていませんでしたが、それはF1歴が浅かったせいもあるでしょう。
しかし、亡くなってわかった彼の大きさ。

94年はサンマリノの次にモナコGPでした。
セナはモナコ6勝(5連勝を含む)という大記録を持つほどモナコに強いレーサーでした。
94年のモナコはポールポジションを空席にして決勝がスタートしました。

今週末は2004年F1サンマリノGPです。

--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 21日 10時 34分 09秒
URL:どもども

下でとこちゃんさんが紹介している今井さんの講演会のお知らせは誘拐事件が起こる前に出された告知でしょう?
冷静になって!
決して揚げ足を取ろうというつもりではないのです。
事実を見誤って欲しくないのです。
思考が
>PTSDの人間に無理をさせる団体も理解できません
とつながってしまうところになんらかの先入観がありませんか?

私はとこちゃんさんは、実に正直な方だと思っています。
軋轢を避けるためだけに、自分の思いを包み隠す輩なんかよりずーっといいです。
私も正直に発言しつづけていますし、そのためにひどい目にも遭いましたが、正直でなければ自分の間違いにも気づかず人生を終えてしまうでしょう。
そんなのはイヤです。

でもわからない。
どうして
>3人と、その周辺に対する見方はかわりませんよ
と言い放てるのか。
目と心を開いていれば、物の見方が変わってくるのは当然。
また、物の見方を変えていくのが成長。
少なくとも3人に関してはすべての事実を把握していたわけではないとお認めじゃないですか。

--------------------------------------------------------------------------------
とこちゃん さん 2004年 04月 20日 11時 38分 48秒


もう少し今井さんを知ろうとしたら公演のお知らせがありました
もしかしたらPTSDをおして、お世話になった団体だから無理をしてなのかもしれませんが、PTSDで人前に出られる状態ではないと記者会見にも応じられず事情聴取にも応じないのに・・・直接本人に聞かないとわかりませんが理解できません
PTSDの人間に無理をさせる団体も理解できません
http://www.google.co.jp/search?q=cache:LE5nWitwptYJ:members.jcom.home.ne.jp/no_du_sapporo/info.html+%E4%BB%8A%E4%BA%95%E3%80%80%E7%B4%80%E6%98%8E+%E3%80%80%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E5%BC%BE%E3%80%80%E7%B5%B5%E6%9C%AC&hl=ja&ie=UTF-8

他の検索先も見てみたいと思います

--------------------------------------------------------------------------------
とこちゃん さん 2004年 04月 20日 11時 15分 06秒
URL:みすかれてましたね

おはようございます、長文になってしまってることに自ら気がついていた時点でご指摘どおりで、ギドラさんの「聞きたい事=キチンとした根拠」冷静な文章で分かっていたし推論・一方的情報のみで構成されている事。絶対つっこまれる!wと自分でも感じて眠れぬ夜を過ごしてきました。
できれば直接「偽善者か?恩知らずか?」を見極める為に誰の言葉でもない本人の言葉でお話できればと思います。言い積めてしまえば誘拐されるまでのプロセスも知らないわけで、十分な対抗処置を持ち合わせたうえでの出来事なら批判も少しはなくなるでしょう。
ではなぜそのような憶測になったのか?

材料はマスコミ報道のみでの印象でありますが

国に奪還を要請するも政府批判とイラク戦争批判が大方を占め、国策をまげよと要求した被害者家族 特に今井さんの家庭環境 教師である父の学校のHRで生徒に強制的に自衛隊派遣反対の署名を書かせたらしい
信念があるなら沈静化せずに抗議活動を継続しているはずであろう「反米・ハンセン・団体」が事件を堺に急に「盛り上がった」事が報じられた
「120%危険があると危険を承知していた」と今井さんを送り出したNGOの発言

以上でしょうか、それを3人に重ねてしまい怒りの矛先をそちらに向けたという事です

誤解をまねかないように・・誤解をまねかないように・・分かってもらいたい・・分かってもらいたいと思えば思うほど、タイプが進まず進めば進むで無駄に長文になる・・・
これってギドラさん、自分の信念になにかしら人間性として醜い物があるからでしょうか?
でもね、ギドラさん・・これからは発言は気をつけるけど3人と、その周辺に対する見方はかわりませんよ。なんだかこれでも「回答」になってませんね・・ごめんなさいね。
随分と時間ついやしちゃったけど、ほかのレスついてたらごめんね。



--------------------------------------------------------------------------------
殿様ギドラ さん 2004年 04月 20日 09時 47分 13秒
URL:論点が違う

とこちゃんさん、たくさん書いてくださったのはいいのですが、
あなたの推論が多すぎますね。

私が問題にしているのは、マスコミを通じてしか知り得ない人物について、その精神構造をあげつらって「腐敗臭」だのと誹謗出来るのか、ということです。
(私は誹謗そのものを否定はしません。論拠があれば誹謗すべき対象というものもあるでしょう)

私自身はそれほど事細かにかの3人(5人?)に関する報道を追いかけているわけではないので、私の知らない事実が報道されていて、それをもとにあなたが3人に腹を立てているのかどうかを知りたかったのです。

あなたは3人の人間性を批判するほどの材料を持っていませんね。

あなたが書いたことは、3人を偽善者、恩知らずとののしっているのですよ。

--------------------------------------------------------------------------------
とこちゃん さん 2004年 04月 19日 23時 31分 45秒
URL:もう一言。でぃあWARASAさん

WARASIさん(↓投稿まちがえちゃった、ごめん)
>少なくとも私達の様に常に安全なポジションにいて、傍観している立場では、彼らを批判>する価値も無いように思います

いいじゃないですか?それで。
WARASIさんだって今現在それなりに一生懸命やってるんでしょ
ただ、イラクに行ってボランティアする余裕がないだけじゃないですか
「普通の人」はその勇気よりも余裕がないんですよ。
普通に、目に前のお年寄りに席譲りますでしょ?身体障害者に手を差し伸べるでしょ?
気がつく前にボランティアやられて「あぁ・・気がつかなかった俺は傍観者だ!って凹みます?
それでいいじゃないですか?出かけなくても。
善行よりも善行そのものに???とかける迷惑が大きかったと考える人が多かっただけです。傍観者って言ったって見ようと思わなくても場所がイラクで人質と言っちゃあ見聞きしたくなくても入ってきちゃうじゃないですか。
私、職失った時、ボランティアやろうと思い何故か(ここ重要)国際協力青年隊に志願しようと思いましたが、スキルがなく門前払い・・中国の河が氾濫したときでそんなNGOもありましたが人員がいてダメ、それこそNGOというNGOまわりましたよ。
もう老人ホームとか擁護施設の散髪ボランティアもないそうで・・・
で、結局、区のボランティア施設に行き登録、簡単なボランティアしてましたが、家庭を持った現在「動けません」。でもね、彼らを単純にボランティアしてると見てもね「あぁ・・おれっちはダメだ。おられとはダンチ、彼らは偉い!」と思いませんよ。特別な善行はしてなくても「他人様に迷惑かけず貧しいながらも家庭を守る努力している自信」があるから。
WARASAさん、私はそう思いますよ。


--------------------------------------------------------------------------------
とこちゃん さん 2004年 04月 19日 22時 57分 14秒
URL:こんな考えのおやぢの、お子の将来は・・・・!

>自己満善行自分探し
政情不安定の中、国連・民間問わず攻撃されてる中、ボランティアをやっている民間人で丸腰なら大丈夫と(自衛隊という武装した者が行くから反感を買うという個人的な信念の元)想像だにできる(反米感情を持っている者の存在・復興支援にしても、それがアメリカの要請できたのなら「敵」と同格と思われる=日本人は敵)災いの対策も持ち合わせなく危険地域を闊歩し、今、かならず一回はニュースで取り上げられる大舞台「イラク」と注目アイテム「劣化ウラン弾」「子供」をキーワードにその最中にいる自分に酔い(良い事をしている時また、それを振り返る時、気持ちいいもんです。善行が大きければ大きい程。ただ、ほとんどは人知れず誰にも評価されず目立つところでやらなければ取り上げてもくれないでしょう。他人様に誉められると照れくさいけど嬉しいし。 カメラマンに至っては自分の経済活動であり職場は自分で選べ名声のチャンスを狙いイラクを選んだだけ、プロとして名声を得たいのは当たり前)みすみす国を暴力で恐喝する者達の道具になってしまった。
行動計画に不備があり、はからずも国家の足かせになってしまった。
そうならなかったら良かった!WASARUさんのように応援してくれる人もいて中立的に淡々と具体的な結果もだせれば私もイイ歳こいて「自己満善行自分探し」なんて比喩しなかったのですが・・・って言うじゃない・・・「ザンネ―――ン!ひねくれ者斬り!」

>大嫌いなアメリカと手を組み武装した自衛隊員を派遣させ自分達の為に撤退してくれなかった政府に頭さげんのいやだろう

国の警告を無視してのイラク渡航というのは、おそらくWASARUさんと同じ日本政府がやらないから見てられず・・・と好意的に彼らを見てみましょう
しかし・・だったら、現在は拒否はされるだろうが協力を名乗り出れば事はよかったのでは?と思います、していたら前言取り消し。
「してくれるな」と言う事を相談もなしでする事はある種の反抗で信用もしてないと言う事だと思います。
何故、信用しないで相談もなく独断で戦争地帯へ民間人がいったのでしょうか?
彼らは政府決定の「アメリカの要請による自衛隊派遣」に反対だったからでは?と思います
なぜ自衛隊にこだわるかと言うと武装しているからだと思われます
アメリカと日本が信用できず、あまっさえ自分の命を命を奪う武力でアメリカに救われるとしたら・・・これ以上の屈辱はないでしょう。
実際は血が流れず今回の件で人命が失われる事はありませんでしたが、かれらは「日本人」だったから「日本」が動き解放されたのではないでしょうか?
国は、ほとんど動いてなかったというのも聞きますが、そうだとしても日本のパスポートを所持する日本国国籍が彼らを救うために現地関係者を動かしたのではと思いますが、彼らが日本人である事を憶えているかどうか・・・って言うじゃない・・・

ザンネ―――ン!とこちゃん、それウヨクだよ斬り!!

あ、WASARUさん、復興作業している自衛隊員も武装してても危険と隣り合わせですよ
憲法で許可がないと発砲できない事になってるのでアレは飾りです。
で、経費云々ですが彼らは国の要請で「いくな」という所に行ったわけではありません
NGOの理念は「国にたよらず」です。個人に帰国費用をださせるのは惨いとお考えでしたら彼らを派遣させた、または容認したNGOが負担すべきとお考え下さい。




--------------------------------------------------------------------------------
WARASI さん 2004年 04月 19日 20時 24分 54秒
URL:http://www.geocities.jp/warasitheater/hoom2.htm

ども、こんばんわ、今回の人質3人の件に関しましては、我々の思考も二転三転、色々考えさせられた事件でしたが、私はどちらかっーと、あの3人の擁護派です。だって、戦火での子供達の救助や、劣化ウラン弾の調査等、本来ならば、国や国連が使命としてやるべき事を、それらがあまりにふがいないために、見かねた一般市民がやっていたような物ではないでしょうか?国がやるべき事を代わりに危険をかえりみず行動していた人達を、国が経費をかけたとしても全力で救出するのは、あまりに、トーゼンの事です。怠慢公務員の飲み代、退職金に消えるよりはよっぽど価値があると思います。結果としては、大変な騒ぎになってしまいましたが、もし、こんな事にならず、あの人達が自分達の仕事を無事に成し遂げていたら、多分、かれらは英雄扱いだったでしょう。でもこんな騒ぎになって、雰囲気的には、マスコミも世論も極端な話、国賊扱いの様な意見も見受けられます。この差はなんなんでしょうか?
あまりに今の世の中、結果論で見すぎるよう気がしまして、空しくなる今日この頃です。少なくとも私達の様に常に安全なポジションにいて、傍観している立場では、彼らを批判する価値も無いように思います。彼らも、色々な人達に謝罪する義務も、もちろんあるのでしょうが、小泉首相や、私達も彼らに、「今まで、良くやってくれました、、」と一言いうべきではないでしょうか?
でも、再度のイラク行きは、止めた方がいいですよ!(笑)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ギドラの巣「新」映像作品掲示板
映画テレビなど映像作品の感想・批評用です。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。