スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギドラの巣12周年

本館の「ギドラの巣」は去る2月20日に12周年を迎えました。

私がwebで発言するきっかけになったのは、1998年公開の『GODZILLA』。
あのハリウッド版ゴジラと言われる怪作を見て噴火したのがそもそもの始まりです。
当時東宝が運営していたゴジラ公式サイトにBBSがあったので、エメリッヒはなにをやっとるんじゃい!
と怒りの投稿。

そんなこんなで自分のwebサイトを持った方が良いんじゃないかと開設したのが「ギドラの巣」というわけです。

その後の12年、映画全般に感じる問題もありますが、まあ、ここはゴジラないし特撮映画に絞って感慨のひとつも書き残しておきます。

ハリウッド版に反発するような流れで再スタートした東宝のゴジラ映画ですが、
2004年の『ゴジラFINAL WARS』でいったん終了。
この映画、ゴジラ50周年記念作品と銘打って、シリーズ中最長の上映時間を誇りますが、中身はポンコツ。
好き嫌いで判定すれば、あれでも好きだとおっしゃる方はいるのでしょうけれど、
映画の出来不出来を考えればシナリオ・演出ともにぶっ壊れていることは認めなきゃならないんじゃないでしょうか。

なんでこんなことになってしまったんでしょうねぇ。

怪獣(らしきもの)がたくさん登場して爆発だの光線だのが乱れ飛べばそれでいいってことなのか。

納得できねーなー。

なぜどうして、という論議は公開当時にさんざんやりましたのでここでは割愛。
http://www.geocities.jp/k_ghidorah/GFW/GFWindex.html

その後、怪獣系の作品としてはウルトラシリーズが細々と続いていますが、
あのシリーズは怪獣物ではなくなってしまいました。
ウルトラマンたちは完全に人間化してしまい、ウルトラマン同士の闘争が主軸となり、ウルトラマン・怪獣(宇宙人)・人間の三点で綾なすドラマではなくなっています。
これがおもしろくないんだなぁ。

巨大で強力なアウトローたる「怪獣」が小気味よく暴れる映画が見たいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ギドラの巣「新」映像作品掲示板
映画テレビなど映像作品の感想・批評用です。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。