スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギドラ掲示板過去ログ100418_100924

1400 返信 新しーじー劇場へ移行して ルー等級つつ大臣 2010/04/18 11:28

新たなアップ先へのしーじー劇場を見ていただいてありがとうフォー!!
昨日になってまた「火星兵団」しーじーの続きと今回はタイトルをアップしたざますけれど容量が以前の倍以上(ギガバイト)もあるからオーバーの心配もなく
アップ出来るから便利ざます。

(これで掲示板だと限界もあるから作るほうは苦労・・・)
で、「トラ・トラ・トラ」解説も書いたということで久々に完成版「トラ・トラ・トラ」のDVDを観てこれだと黒澤演出ではミスマッチって気もしてしまったざます・・・。

(これのコメンタリーだとリチャード・フライシャー監督は黒澤ファンだったということが判明し起用に喜んだそうで財界人を起用するにあたっては確かに次回作のスポンサー云々とか言ってはいたけれど降板にあたっては黒澤監督には編集権も無かったし降りて正解だったと言っていたのでやはりフライシャーも黒澤信者と判りホッとしたざます・・・・)

とまあ今年になって黒澤作品を意識・・と思ってたら生誕100周年!?
(例の「黒澤明  全作品と全生涯」も今読んでるざます!)

1401 返信 Re:新しーじー劇場へ移行して 殿様ギドラ メール 2010/04/20 17:45


黒澤版の『トラ・トラ・トラ!』がどんなんだったのか、シナリオはアメリカにあるんでしょうね。
「大系黒澤明」にも収録はされていなさそうで・・。
でも実際に完成した作品にも黒澤版の匂いは残っているんじゃないかと考えています。
脚本担当に小国英雄、菊島隆三の名前が残ってますもんね。

DVDのオーディオコメンタリーは聞いていなかったざます。
英語のコメンタリーはずーっと画面を見ていないといけないもんなぁ。
オーコメは必ずしも画面と連動したことを言うわけではないので、大抵は何かの用事をやりながら耳で聴くのが習慣なのさ~。
英語のヒアリングを訓練すればいいってか。

「黒澤明 全作品と全生涯」、読了しましたが、ほんとに黒澤明をざーっと俯瞰するような本で、ハンドブック的に活用できそう。
長いこと見ていなかった『生きものの記録』を思わず再見。
作品批評は微妙なコメントが多かった感じ。
というのは、なんか、誉めすぎにも感じられ、でも、いまいち成功しなかったものにはそのように指摘してあるし。
あ、一般に貶されることの多い晩年の作品にも暖かい目線があって、そのあたりには大いに共感しました。

1402 返信 Re:新しーじー劇場へ移行して ルー等級つつ大臣 2010/04/20 21:41

>
> 黒澤版の『トラ・トラ・トラ!』がどんなんだったのか、シナリオはアメリカにあるんでしょうね。
> 「大系黒澤明」にも収録はされていなさそうで・・。

一部ざますけれども「黒澤明vsハリウッド」でそのシナリオは現在アメリカにあって部分的にですが読むことが出来るざます。





> でも実際に完成した作品にも黒澤版の匂いは残っているんじゃないかと考えています。
> 脚本担当に小国英雄、菊島隆三の名前が残ってますもんね。
確かにそういえばそうざますね。
(それと空母、戦艦の実物大セットも)
ただあまりそれとは感じなかったのはやはり監督が交代してしまったせいでは?と思ってしまうざますけれども。

> 「黒澤明 全作品と全生涯」、読了しましたが、ほんとに黒澤明をざーっと俯瞰するような本で、ハンドブック的に活用できそう。
> 長いこと見ていなかった『生きものの記録』を思わず再見。
> 作品批評は微妙なコメントが多かった感じ。
> というのは、なんか、誉めすぎにも感じられ、でも、いまいち成功しなかったものにはそのように指摘してあるし。
> あ、一般に貶されることの多い晩年の作品にも暖かい目線があって、そのあたりには大いに共感しました。


確かに批評の部分は「!」がやたらと多くちとくどいのでは?と思わせる文章ざましたねえ・・・。
興奮を伝えようとする意図?は判るのですが却ってマイナスなのではとも思うざます・・・。
しかし晩年の作品に暖かい視線を差し出したのは思わずミーも同意してしまったざます!
描き方が違うというだけで酷評とはと当時のミーは絶句していただけに
共感してしまったざます。
(人間を描くという視点は終始変わらずじゃないか!と。あと重厚な映像美も一貫していたのは正に偉大!)

ところでまたしてもユーチューブにてとんでもない映像がアップされていたざます。
それは何とあの「海軍爆撃隊」のラストが!!
(音なしだったざますけれども)
それとこちらは最早懐かしのサイトである「アンダーソンTV」(最近リニューアルしたのでびっくり!)にあの「クロスロード・トウ・クライム」がアップされていたのでまたしてもびっくりざます!!

1403 返信 連続になっちまった・・・。 ルー等級つつ大臣 2010/04/21 18:36

今日が休みということで昨日は久々に「さよならジュピター」を観ていたざます・・・。
まぁ久々に観たけれども川北特撮は結構良く出来ていたけれども肝心の本編が余りにもテンポが悪いというのかこの時期の邦画の悪さが出てしまってるというのは相変わらずだったざます・・・。(ストレートにすれば良かったのに収拾がつかない展開になってしまってる・・・。)
さてさてミーの火星兵団しーじーもSF小説からの映像化ざますけれどあーはしないようにと反面教師的にジュピターから学んでいるざます・・・。
というところでタイトルに続いてその28もアップしたざます・・・。

1404 返信 つつさんへのレスその他 殿様ギドラ メール 2010/04/22 17:06

それぞれにスレッドにレスを書くと埋もれてしまうかと思い、別スレ立てまふ。

ユーチューブの『海軍爆撃隊』

あれ、不思議な編集になっているんですよ。
冒頭、藤田進が機銃を手入れしつつ爆撃隊が飛行していく場面はクライマックスの爆撃行へと出撃したところで、
そのあとに爆撃、敵機との空中戦、そして決死の帰還があってエンディングなのに、
なぜか出撃の直後にエンディングがくっついているのです。
一体どんなフィルムをテレシネしたのか・・。
(肝心の特撮シーンがぜんぜんない)

現存する『海軍爆撃隊』の詳細については海軍大臣さんのリポートをご参照下さい。
日本特撮ファンクラブGの公式サイト内にありまっせ。

いやー、教えて頂いたので久々にアンダーソンTVを覗いてみたら、ずいぶん様変わりしてますね。
内容がさらに充実しています。
そうそう、先日BSフジで放送されたBBC製作の車番組「トップギア」で中古車を水陸両用車に改造する企画コーナーの一部に「謎の円盤UFO」のBGMが使われていました。
当たり前だけど、イギリスでもメカといえばアンダーソンなんだなぁ。
日本なら「サンダーバード」の曲を使うんでしょうが、さすが本国、「UFO」だぜっ。

「さよならジュピター」
小松左京の小説版は悪くない出来だったけれど、映画の出来はひどいですね。
どのエピソードに焦点を絞るのかが見極められていないし、人類の命運を賭けたプロジェクトの成否に興味を持って行けてないんだよなぁ。
『妖星ゴラス』より遙かに尺は長いのに、はるかにスケールが小さく感じられてしまう・・。
(小松さんに映画シナリオを監修するセンスがなかったことと橋本監督にSFセンスがなかったことが敗因か)


いきなり別の話
インディレーシングリーグ(IRL)第三戦アラバマ。
開幕戦、第二戦とクラッシュでレースを終えていた佐藤琢磨、予選6位と気を吐き、決勝でもスタート直後にダリ夫・フランキッティ(懐かしや)に抜かれたものの、だんだんインディの走りに慣れてきたようで無理せず7位キープで後半に期待がかかったのだぁがぁ。

スロットルケーブルのトラブルだと!
コース脇にストップ。
IRLはそれでもリタイアにはならず、マーシャルカーにピットまで引っ張ってもらってマシン修復。
22周遅れで完走(?)と。
ピットの様子がテレビで流れたら、ほんとにワイアを交換してました。
F1ならフライバイワイア(電気信号でアクセル開度を伝達)だよ。

琢磨、どこまでついてないんだ。(泣)

1405 返信 Re:つつさんへのレスその他 ルー等級つつ大臣 2010/04/22 22:09

観ていただいたんですね。
わざわざ知らせた甲斐があったざます。
確かにあれは奇妙な編集で特撮シーンが一つも無いざますけれど
多分(推測ですが)映像上にタイムカウンターがある事から映像ソフト用のダイジェストではないか?と思うざますよ。
(予定があったのか?ユーチューブにアップされていたって事は)
で、海軍大臣さんのレポートも読みましたがオリジナルのフィルムは自然消滅したんですよね・・・。
発見後、デジタルレストアが完了したのは運が良かったざますね・・・。

で、「ジュピター」のほうはギドラ氏の推測通りだと思うざます・・・。
というのが悲しい・・・。


1406 返信 Re:つつさんへのレスその他 殿様ギドラ メール 2010/04/27 16:20

> 多分(推測ですが)映像上にタイムカウンターがある事から映像ソフト用のダイジェストではないか?と思うざますよ。
> (予定があったのか?ユーチューブにアップされていたって事は)

そこなんですよ。
ユーチューブの画質でははっきりしたことは言えないところですが、
フィルムセンターで見たデジタル修復版とは別のフィルムかもしれないんじゃないか、と。

ひょっとして東宝が持っていた断片フィルムか? 音がないのも上映用プリントじゃないからでは??
なんて思ったりして。
で、戦記物映画DVDの特典映像として収録する気があったとか??

というわけで、『海軍爆撃隊』単体でのソフト発売は無理でしょうが、
BDソフトの特典に50分バージョンを収録して欲しいもんだなー、なんて思うのでありました。

『ハワイ・マレー沖海戦』とは違う方向の初期円谷特撮が見られます。
俳優の芝居を生かすための特撮になっています。
(『ハワイ・マレー沖海戦』では、ミニチュアによる「演技」で成立させたシーンが多数を占めてますよね)

1407 返信 しーじー劇場にまたしても初の試み ルー等級つつ大臣 2010/04/28 20:17

レスが遅れてしまったざますけれどもあの「海軍爆撃隊」フィルム、ひょっとしたら東宝が持っていたものではなく海外に奇跡的に現存していたものではないでせうか?と思ってしまったざます・・・。
(短縮版しか現存していない黒澤明の「姿三四郎」も完全版が海外にあるって
話もあるし・・・・)
さてさて世間はもうそろそろゴールデンな毎日が始まりますがミーは休みなしざます・・・。
と愚痴を溢してもしかたがないので昨日、火星兵団その28の2をアップしたざますけれども今回からネットの文章を読むソフトを導入しそれを使ってキャラクターに台詞を喋るようにしたざます!
(ただ棒読みなのが難点ざますけれど・・・・)


1408 返信 Re:しーじー劇場にまたしても初の試み 殿様ギドラ メール 2010/04/30 14:35

GWも休みなしとは、辛いざんすね。
おいらはおおむねカレンダー通りざます。

CG劇場、火星兵団28-2、見てきました。
こりゃびっくりだ。
ちゃんとしゃべっているではないですか!

1409 返信 Re:しーじー劇場にまたしても初の試み ルー等級つつ大臣 2010/05/01 22:39

早速観ていただいてまたしてもありがとうフォー!!
今回になってやっとキャラクターに喋らせることが出来たざます!
(従来でやろうと思ってたけれど断念していた)
これでまた新たに表現を広げることが出来たざます・・・というのも以前新たに買い換えたパソコンがXP(やっと・・・)で編集ソフトが入っていたので思い切って使ってみたらしーじー劇場にもマッチするではあーりませんか。という
訳で使ってみたのです。

さて連休も休みなしですが今日になってようやくいくらか時間が出来たので
久々(再放送からおよそ30年ぶりに)「ちゃぷてんうるとら」のDVDと今回初めて観る黒澤明監督の「醜聞」を観ているざます・・・。
(っていうかそれくらいしか出来ないのだった・・・)


1410 返信 黒澤映画フィーバー? ルー等級つつ大臣 2010/05/05 13:04

今日になってやっと休みに入り前回レスに続いて今度は「羅生門」を見たり
前回の「醜聞」に続いてこれまた初めての「一番美しく」を観たりと最近、
黒澤映画ばかりを観ているざます。
(そーいえば図書館でも黒澤映画関係ばかり借りてきて今回はフィルムアート社の「黒澤明の作劇術」を読んでいるざます。「赤ひげ」以降の黒澤監督の作風が変わった要因としてこの本に書かれていた事が一番の要因では?と思うようになりました。曰く自殺した兄を反発して強者の映画を撮ってばかりいたら今度は自分が自殺未遂となってしまい今まで兄の自殺が理解出来なかったのが共感出来るようになったと。)
それまで黒澤映画は実はそれほど観ておらずせいぜい東宝時代の「生きる」や「七人の侍」、「姿三四郎」およびその続編、「用心棒」、「天国と地獄」といった東宝映画ばかりだったので今回はいい勉強となるざます。

(そうはいっても「乱」以降の晩年の作品は総て観ているのでそれまで見逃したといったほうがいいけれど・・・「影武者」も未見だし・・)

さてさてやっと「火星兵団」しーじーの続きもアップざます!
(前回以降、今回も台詞入り!)

1411 返信 Re:黒澤映画フィーバー? 殿様ギドラ メール 2010/05/11 17:13


黒澤映画は勉強になります。
そりゃ、黒澤映画なんか嫌いだという人もいるんでしょうけれど、映画作りの作法を考える時、絶対に無視できない存在ですよね。

自殺未遂事件は「トラトラトラ!」頓挫よりあとだったと思うので、『赤ひげ』以降の変化とは繋がらないような・・。

おいらも『羅生門』を見直そうかなぁ。
でもどうせなら超絶レストアと言われているBDハイビジョンで見たほうがいいのかなぁ。

1412 返信 Re:黒澤映画フィーバー? ルー等級つつ大臣 2010/05/11 23:49


> 黒澤映画は勉強になります。
> そりゃ、黒澤映画なんか嫌いだという人もいるんでしょうけれど、映画作りの作法を考える時、絶対に無視できない存在ですよね。
そうざますよ。
確かにあの描写力の強さは好き嫌いが出そうなダイナミックさざますから
どうしても・・・って人がいても仕方ないかもだけどそれでも映画の基本を忠実に守って演出されてますから無視なんてもっての他ざます!
(最近、黒澤作品を知らない人も多くなってきてるのには閉口・・・)






> 自殺未遂事件は「トラトラトラ!」頓挫よりあとだったと思うので、『赤ひげ』以降の変化とは繋がらないような・・。

まあそれをいうなら正確には「どですかでん」の後ざますね・・・。
ただ「赤ひげ」以降はそれまでの東宝を去って更なる可能性を見出していた時期でもあるのでやはりそれまでの演出から脱したいって気持ちはあるのかも知れませんざます・・・。
(ただそうはいっても「画」を丁寧に描くって視点は終始変わらずですが)

「羅生門」は丁度後の「生きる」に至るまでの過渡期の作品ですので高画質で観たほうがいいざます。
ハイビジョンであれば尚更それで観ることを薦めます!
(今出てるBDハイビジョンブルーレイは最新のレストア技術ですので・・・・
ミーも観たいざます!)






1414 返信 Re:黒澤映画フィーバー? 殿様ギドラ メール 2010/05/14 17:14

『羅生門』のブルーレイを入手すべきか否か・・。

いずれBSでハイビジョン放送されるでしょうが、それはおそらくBDソフトとは別のマスターになるんだろうな・・。
『羅生門』、名作とは認めるものの、個人的な好みからはあまり好きな映画ではなかったりするのだよなぁ。
でも、高画質、さらに音質もレストアされた状態で見れば印象が変わったりするわけで。
く~、悩みますわい。

1415 返信 も~なこ~ 殿様ギドラ メール 2010/05/14 17:15

昨日からモナコGPが始まっているけれど、まだ今年のモナコは見ていない~。
明日の予選から、かな。

ザウバーどうよ、カムイどうよ。

1422 返信 Re:も~なこ~ 兄貴赤 2010/05/23 21:56

モナコ、これほど荒れたモナコは初めて見ました。
激しいレースでした。

さて、CSのF-1ですが、もうSD画質のレターボックスなんか観てられねぇ~
というわけで、e2フジNEXTの契約をしてしまいました。
次回、ルートコGPからはHDじゃ!

SDスカパーの契約も見直ししました。
今までは「えらんで15パック」契約してましたが、気が付いたらアニマックスとファミリー劇場しか録画してない事に気が付きました。
NECOの武侠も今はお休みだし、キッズステーションも、今はチェックしてる番組が無いのよね。
なので、15パックは解約して、SDは上記2chだけの契約とし、e2HDは日本映画専門チャンネルとフジNEXTの2個としました。
この状態で、今までの受信料より200円安くなっただけですが。

今後、武侠が復活したらNECOを追加します。(e2でもSD画質ですが)
ファミリー劇場は、e2ならHDなので、必要な場合はこれも追加契約ね。
と、この2個を追加すると受信料は1000円以上高くなります。
ま^、パックがいかにお得か良く分かりますが・・・

1424 返信 Re:も~なこ~ 殿様ギドラ メール 2010/05/24 16:45

いやー、96年のモナコをお忘れでしょうか。
チェッカーフラッグを受けたのがたった3台というレースざんすよ。
リジェ無限のパニスが優勝しちゃった伝説の一戦。

まーしかし、モナコでセイフティカーが4回も出るなんて、今回も大変なレースでありました。
それとウェバー連勝なんて、あいつ、調子こくんだろうな・・・。

次回から生中が見られるようになったわけですね。
そりゃめでたい。
日本GPは5.1chで放送してくれるのかな??

で、ファミ劇、解約っすか。
「ウルトラマン80」はノーチェックなのね。
初期ヒロインの浅野真弓がみょーにエロいです。
石田えりのπ乙にも注目です。
(そんな興味かよ!いやいや特撮にはなかなか見るべき点があります)

1425 返信 Re:も~なこ~ 兄貴赤 2010/05/25 15:23


>
> で、ファミ劇、解約っすか。
> 「ウルトラマン80」はノーチェックなのね。
> 初期ヒロインの浅野真弓がみょーにエロいです。
> 石田えりのπ乙にも注目です。
> (そんな興味かよ!いやいや特撮にはなかなか見るべき点があります)

いやいや、違います。
アニマックスとファミ劇の2hcだけ契約続行です。
それ以外は全て解約、で、e2で日本映画とNEXTの2本契約です。

1426 返信 Re:も~なこ~ 兄貴赤 2010/05/25 15:27

>ファミリー劇場は、e2ならHDなので、必要な場合はこれも追加契約ね。

ここが間違ってるっすね、正しくは

キッズステーションは、e2ならHDなので、必要な場合はこれも追加契約ね。

1428 返信 Re:も~なこ~ 殿様ギドラ メール 2010/05/27 17:44


へいへい、わかりました。

んじゃ、「80」も見てるっすね。

いろいろアレなところもありますが、近年の○ータリンウルトラよりはまだマシなドラマになってます。

1418 返信 映像掲示板にて ルー等級つつ大臣 2010/05/16 19:25

「ビオランテ」原案に触れられていたのでミーも早速書いたのですがこの原案自体は映像掲示板にも書きましたが「宇宙船」にも掲載されていたり出版芸術社が93年頃発売した怪獣小説全集「怪獣大戦争」でも掲載していたのでミーには初めてってわけでもなかったざます。
まあ確かに今引っ張り出して読んでいたざますけれども何ともまあ「・・・・」ざますねえ・・・。
あれだと「小説」でなく「詩」だと思ってしまったざますよ・・・。
(余談ながらこの「怪獣大戦争」、他にも「ラドン」の原作や「モスラ」のノベライズも掲載されていてこの小林氏の「ビオランテ」原案がこの本のワーストだなあ・・・という印象を持っているざます。如何に黒沼氏の筆記力が巧みかと新たにしたざます)

さてようやく「火星兵団」しーじーその29をアップ出来たざます!
(今回台詞が長く読み上げソフトで台詞を作ったのはいいが画が足りなくなってしまい追加も作成しているうちに遅れてしまった・・・。)

1419 返信 Re:映像掲示板にて 殿様ギドラ メール 2010/05/20 15:57

そーっすねー、内容とは関係ないとはいえ、小林氏の文章って、なんつーか狙いすぎというか、上手いこと言おうとしすぎな面があって、むむむ、でありますね。

火星兵団29、見てきましたよ。

1420 返信 Re:映像掲示板にて ルー等級つつ大臣 2010/05/20 21:13

そうなんざますのよ
確かに想いは伝わるざますけれど少し客観性が欠けてるという部分もあるんざますのがたまに傷ざます・・・。
(怪獣論なんかは特に・・・。)
ビオランテの原案なんかもまさにそんな感じですし竹内氏のような視点が欲しいところざます・・・。
さてさて毎度ながら火星兵団しーじー観ていただきありがとうフォー!(続きがまだざます・・・。)

1421 返信 映像掲示板にての続き ルー等級つつ大臣 2010/05/21 19:21

「ビオランテ」に関しては正直リアルで観た時は嫌いどころか「・・・・」だったざます・・・。
(だからDVDでも一度しか未だに観ていないざます・・・。どうも平成川北ゴジラは自分では合わないみたいざます・・・。)

火星兵団しーじーの続きをようやくアップし今日は休みということもあり「マグマ大使」でーぶいでーの初期話数と最終巻を観ていたざます。
感想そのものは以前の映像掲示板にも書いた通りで最高のリマスター技術で
感動を新たにしたざます。
(何でもHDリマスターだそうで以前見た「帰ってきたウルトラマン」のような映像のザラつきが無いのがいい!デジタルウルトラは時たま高画質にする際に
このザラつきも見るので話数によっては見辛いものが・・・)

ただ本放送の予告編は初期話数を見た限りでは音声しか現存してなかったのが
残念だったざますが最終巻の映像特典は恐ろしいまでに充実してるざます!
何せ「怪獣王子」の第1話予告編やら新番組スポットやらお馴染のパイロットフィルムやら海外版、挙句は未使用フィルムまでざますから借りて損はないざます!

1423 返信 Re:映像掲示板にての続き 殿様ギドラ メール 2010/05/24 16:33


マグマ大使でーぶいでーの充実っぷりには興味があるぞー、興味はあるけど、
もー、BSだのCSだので録画した映画を消化するのに手一杯ざんすーー!


1427 返信 黒澤映画フィーバーその2 ルー等級つつ大臣 2010/05/26 20:34

以前、紹介した「大系 黒澤明」のその2が図書館に入ってきたのでこれまた迷わずに借りて今、読んでいたざますけれど「トラ・トラ・トラ」のシナリオは残念ながら(概要すら)入っていなかったざます・・・。
(長過ぎるから仕方がなかったのかも・・・ただ実物大の空母&戦艦の結構鮮明なスチールはあったし降板に関するルポもあった・・・。)
その1に続きこれまた充実した資料となっているので飽きさせないざます!
(「七人の侍」のデザイン画なんかありました・・・。)
さて、これを読む前に「火星兵団」しーじーの続きもアップしてまだまだ続くざます!

1429 返信 Re:黒澤映画フィーバーその2 殿様ギドラ メール 2010/05/27 17:53


「大系 黒澤明」どうしようかなぁ。
読むだけなら図書館から借りればいいんだけれど、どっちかというと参照資料的に使うほうが良さそうでもあり。
でも、これまでに発表された記事を総覧しただけだという評価もあって。

あ、CS放送のお陰で『姿三四郎-最長版』を見ることが出来ました。
やっぱり映画をカットしちゃイカンですよ。
不完全とはいえ、従来の短縮版よりドラマの流れが自然で見やすかったです。
ただし復元部分の画質音質は劣悪ざんすが・・・。

(矢野が三四郎に人の道を説くシーンでセリフの一部がカットされてますが、そこは復元されてなかった。
どうも忠義の道というか親分の言うことなら何でも聞くべきだ的な道徳を語っていると思われるんですが・・。その説教のあとで三四郎が「先生の命令なら死ねます」なんて突っ張って池に飛び込むわけで・・。軍国教育的道徳を説いていたフシがあります。戦後の再上映の際にカットになったのか?)

1430 返信 Re:黒澤映画フィーバーその2 ルー等級つつ大臣 2010/05/28 20:35


> でも、これまでに発表された記事を総覧しただけだという評価もあって。それでもこういった資料を集大成させたというのはやはり本来の研究という意味では意義深いものざます!
黒澤監督が当時語った証言なども今や貴重ざますから・・・。
> あ、CS放送のお陰で『姿三四郎最長版』を見ることが出来ました。
観れたざますか!?
いいなあと思うのと同時に全く映画はカットするもんじゃないなあとギドラ氏と同意見になってしまうざます・・・。
改めて如何に日本では映画という文化を認識してなかったということを思ってしまったざます・・・。

1431 返信 Re:黒澤映画フィーバーその2 ルー等級つつ大臣 2010/05/30 13:56

今、じっくり読んでいたざますけれど木下監督との雑談なども当時、黒澤監督がどういう想いで作品作りに励んでいたのかまた当時の批評家に対し辛辣な意見が頻繁に出てるから当時を知る上でこれを凌ぐ資料は無いと思ってしまうざます。
(資料を羅列してるだけ云々と言っているのはこのような資料本を語る批評という観点では完全に場違いというか見当違いという他ないざます・・・。)

更に随筆の「シナリオについて」に関しては現在の映画での最大の問題点という観点でも通用する指摘があり興味深いざます。
曰く「弱い脚本では駄作しか生まれない」と。
これ全く(特撮、アニメ系では・・・あ、邦画全体がそうか)その通りざますね・・・。
あまりにも図星で黒澤監督の鋭さには改めて敬服する他ないざます・・・。

さてさて「火星兵団」その30の3もアップ出来たざますし昨日ブックオフにて
「地球の危機」でーぶいでーを格安で売っていたので思わず買ったざます・・・。
(で、これは初めて見るので感動ざました。まあ、バンアレン帯が燃えているのでこれをシービュー号の核ミサイルで吹き飛ばすという「あれ」な内容ざますけど・・・。)

1432 返信 Re:黒澤映画フィーバーその2 殿様ギドラ メール 2010/06/02 16:51


確かに確かに。
「大系黒澤明」は批評本ではなくて、黒澤明自身の発言など一次資料を集めたものですから、過去を知る手だてにもなりますね。
(まーそりゃ、何十年も前から黒澤明に注目していろんな記事をスクラップしていたような人には無用なのかもしれないけれど、そんな人がどれだけいるものか)
おいらだって何冊かの黒澤本は読んでいるとはいえ、まだ「蝦蟇の油」すら読んでいないんだから、まだまだダメ男。

映画がその場限りのアトラクションではなくなった時代にはシナリオこそ大事であるという認識は出来上がっていたわけで、
マキノ省三の言葉だったと思いますが「一スジ、二ヌケ、三役者(三動作ともいうらしい)」という映画製作格言のスジとはストーリーのことであり、シナリオのことでありますから。

そこんところを忘れた映画人が増えている現状が情けない。

あ、『地球の危機』をお買いあげざんすか。
私も数年前に安売りで見つけて買ってます。
特撮はなかなか見事なのに、ストーリーはちょっとだれるというか、閉鎖空間での人間関係にとらわれすぎて失敗したように思います。
スタージョンのノベライズ版は面白かったはずなんですが・・・。

火星兵団30の3も見てきましたぞ~。

1433 返信 Re:黒澤映画フィーバーその2 ルー等級つつ大臣 2010/06/02 21:41


> (まーそりゃ、何十年も前から黒澤明に注目していろんな記事をスクラップしていたような人には無用なのかもしれないけれど、そんな人がどれだけいるものか)
そうざますよ。
年季の入ったファンならまだしもこれからファンになった人に向けてと考えると年代ごとの証言が入ったこの資料集はこの上ない証言となっているざます。





> おいらだって何冊かの黒澤本は読んでいるとはいえ、まだ「蝦蟇の油」すら読んでいないんだから、まだまだダメ男。

そーいやミーもざます・・・。
(その本は図書館でも見かけないので読んでいないけれど「大系」の最終巻で収録されるようだから出たら読んでみるざます・・・。)


>
> 映画がその場限りのアトラクションではなくなった時代にはシナリオこそ大事であるという認識は出来上がっていたわけで、
> マキノ省三の言葉だったと思いますが「一スジ、二ヌケ、三役者(三動作ともいうらしい)」という映画製作格言のスジとはストーリーのことであり、シナリオのことでありますから。
>
> そこんところを忘れた映画人が増えている現状が情けない。
まったくざます・・・。
昨今の刺激だけの作品というのは皮肉にも悪い意味で映画の黎明期まで戻してしまったような気がしてしまうざます・・・。
基本を忘れてしまっては面白い作品など出来るわけがなーい!



> あ、『地球の危機』をお買いあげざんすか。
> 私も数年前に安売りで見つけて買ってます。
> 特撮はなかなか見事なのに、ストーリーはちょっとだれるというか、閉鎖空間での人間関係にとらわれすぎて失敗したように思います。
> スタージョンのノベライズ版は面白かったはずなんですが・・・。
アレン作品って確かにテレビシリーズでも初期のエピソードは面白かったりするのに後半になるにつれて段々悪い意味でだれてしまうざますね・・・。
決して駄目な作品って訳ではないんですがアンダーソン作品と比較してその点が損をしているような・・・。
(閉鎖空間を逆に利用し成功しているのは「UFO」だと思ふ・・・。)



>
> 火星兵団30の3も見てきましたぞ~。


ありがとうざます!
現在その31を製作していてじきにアップするざますよ!

1434 返信 SFテレビしりーずはこう作ろう! ルー等級つつ大臣 2010/06/05 22:29

最近、黒澤作品ばっかりの話になってしまったざますからここで話を変えるざます。
昨日、火星兵団しーじーの続きをアップした後で急に「アウターリミッツ」を観たくなってしまったざますけれども以前近くのレンタル屋で何本かはビデオで見たけれどもう既に閉店となっておりDVDも無しでまた例によってオンラインでやっと見つけたざますから早速借りて観たざますよ。
で、流石アメリカSFテレビシリーズの古典というだけあってシナリオが巧みで今の目で見ても面白いざます。
(第1話の「宇宙人現る」に登場したグレードアンドロメダ星人が単なる侵略者では無いのだが出現後、放電で周囲を脅威に巻き込むという所が凄い!)

昨今の特撮ものの(あ、アニメもか)最大の弱点であるシナリオなどはこれを見て見習え!と思ってしまうほど構成力も良いざます。
(あ、若山氏の日本語版ナレーションも良かったざます)

1435 返信 Re:SFテレビしりーずはこう作ろう! 殿様ギドラ メール 2010/06/08 16:23


いやー、ありがたいありがたい。
つつ大臣さんにきっかけをもらって、10年前に録画した「アウターリミッツ」第一話を見ちゃいました。
当時はめちゃめちゃ忙しくて、そのうち見ようなんて放ったらかして10年経っちまいました。

CSスーパーチャンネル(現在はスーパー!ドラマTVと改称)で放送された完全版で、冒頭に池田憲章氏の解説つき。
その解説によると第一話「宇宙人現る」はパイロット版でその他のエピソードに比べると大予算をかけて作られているそうな。

確かに実に面白いSF短編になってますね。
ストーリーの起伏にはちょいと乏しい感はありますが、日常感覚を超えた「何か」を表現しようという意志が明確で、昨今のSF風作品とは全然違いますね。
(宇宙人、正確には異次元人が最後に人類に警告するというのは50年代あたりの定番だけど)

日本語訳のセリフがいまいち理系用語に弱い感じで、技術面の設定がわかりにくい(2次元の方程式って何だ? 二次方程式のこと?)のが残念。
異次元人が電磁波のかたまりらしいことはわかるので、クライマックスで「人間の姿を見ることは出来ないが、その思考はわかる」と言うあたりにSF発想を感じますね。
おそらく脳電位を見ているんじゃないか、と。

あ、それから、最初は通信だけなのに、電圧を上げられたために地球上に実体化(?)してしまうのもさもありなんという説得力があります。

さーてなんとか時間を作って「アウターリミッツ」の続きを見るようにしようっと。


1436 返信 Re:SFテレビしりーずはこう作ろう! ルー等級つつ大臣 2010/06/08 19:38

きっかけを作って観て戴けミーとしては感激というのか何というのかざます・・・。
まあ確かにストーリーでの起伏はおとなしいほうなのでその点では時代を感じるざますけれども疑似科学SFという本来のSFらしい作品だったと思うし日常に迫る脅威が感じるざます。

最近の作品だとSFといいながら「らしさ」が感じられないざますから・・・。
日本語版では科学の解説が弱いというのが難点というか当時の理解力に限界があったのか・・・。
それでも志の高いテレビシリーズだと思ったざます。

1437 返信 Re:SFテレビしりーずはこう作ろう! ルー等級つつ大臣 2010/06/09 21:57

以前、数話だけ字幕版で観ただけあって今回のような全話は初めてざますから
続けてまた観るざますよ。
(現在、アリアリ宇宙人のエピソードまで突入したざます。)
火星兵団しーじーの31の2もアップしたからお楽しみはまだまだ続くざます。

1438 返信 樋口監督が新作モンスターものの新作を ルー等級つつ大臣 2010/06/13 09:31

「アウターリミッツ」もまた数本鑑賞してSFモンスターものも可能性はあると再確認した時にまたとんでもない情報を知ったざます。

あの山本弘氏のモンスター小説である「MM9(MMとはモンスターマグニチュードの略さますが・・・。)」のテレビシリーズを製作すると樋口監督が言ってたざます。
この作品に関しては以前読んだことがありどちらかといえばUMAものと見ればまあまあ面白いかな・・・と思った反面、色々これヤバくないか!?と思う箇所(12歳前後の巨大な女の子が怪獣として登場するわけですがこれが全裸・・・もうヤバイと思った理由は説明不要ざますね・・・)もあり複雑な心境ざます・・・。
(以前ゾンデさんが危惧していた「大魔神カノン」ざますけれどあの「大魔神」とは別物だと聞いて安心・・・。スタッフもこの作品のリメイクはすべきじゃないってのは判っていたようであくまで「大魔神」は参考程度だったそうです。でもまだ未見・・・)

ただこれを聞いて樋口監督もようやく某有名怪獣の偽者や冒涜リメイクものから抜け出してオリジナルの作品をやるんだなと思ったざます。
(そのほうが先入観なしに純粋に「作品」として面白いかどうか見れるざますから・・・。で、あとは作品の出来次第ですが・・・。)

ミーの「火星兵団」しーじーも31の3もアップしたざます。

1439 返信 Re:樋口監督が新作モンスターものの新作を 殿様ギドラ メール 2010/06/14 17:34


いやー「アウター・リミッツ」おもしろいですなー。
やっと第四話まで見ました。

え?樋口氏が怪物もののTVシリーズですか?
まあ、リメイクだのまがい物だのよりはマシってことになりますが、なんか巨大少女という設定だけでもう、キモヲタっぽくて萎えますね。
それと、オリジナルものでも「ローレなんとか」という怪作を作っちゃった人だもんなぁ・・・。

あ、「カノン」、拷問を受ける覚悟で見続けています。
そのうち映像掲示板のほうへコメントを書くつもりですが、まぁ、ヒドイ出来です。
「大魔神」とは確かに別物だけど、それでも宣伝ではあの大映の大魔神との関連を謳っているわけですから、なんともかんとも・・。
とにかく脚本がへなちょこです。
あれで26話も続ける気か?(どうかしてるぜ)


1440 返信 Re:樋口監督が新作モンスターものの新作を ルー等級つつ大臣 2010/06/14 20:27

>

> え?樋口氏が怪物もののTVシリーズですか?
> まあ、リメイクだのまがい物だのよりはマシってことになりますが、なんか巨大少女という設定だけでもう、キモヲタっぽくて萎えますね。
> それと、オリジナルものでも「ローレなんとか」という怪作を作っちゃった人だもんなぁ・・・。

確かに巨大少女が全裸ってのはもうこれからして「・・・・」ざますねえ・・・。
(しかも原作にきちんと登場しており読んでたら頭が痛くなるってのかキモオタ全開以外の何者でもないのが苦痛・・・・)

あ、「ローレうんだら」を忘れてた・・・。
樋口監督、映像センスはまあまあだけど演出が「・・・」ざますからこうなると不安が過ぎる・・・。






> あ、「カノン」、拷問を受ける覚悟で見続けています。
> そのうち映像掲示板のほうへコメントを書くつもりですが、まぁ、ヒドイ出来です。
> 「大魔神」とは確かに別物だけど、それでも宣伝ではあの大映の大魔神との関連を謳っているわけですから、なんともかんとも・・。
> とにかく脚本がへなちょこです。
> あれで26話も続ける気か?(どうかしてるぜ)

そこまで酷い出来だったざますか!?
別物といいながらも関連作ってるわけですからそれはあんまりざます・・・。
(別物として売るなら関連づけないで欲しかった・・・。)
ここでもやはり脚本の貧弱さが露呈してしまった作品が出来てしまったざますとはそれこそ脚本の基本からやり直さない限り明日の特撮は暗い・・・と思わざるを得ないざますね・・・。

(そんな人たちにはロッド・サーリングの「ミステリーゾーン」を読んだりTVシリーズを見てやり直しなさいとうん百回言いたいざます・・・。)



1441 返信 アンバランス劇場 兄貴赤 2010/06/18 17:21

7月、日本映画専門チャンネルHD
一挙放送です。
ハイビジョンでしょうな~

1443 返信 Re:アンバランス劇場 殿様ギドラ メール 2010/06/21 17:30


やりますねー。
予告CMを見ましたが、なかなか発色もよく、レストアされたものと思われます。
HDマスターなのか?
DVD用マスターのアップコンか?

オープニング・エンディングの青島幸男は出るのか???

1442 返信 久々にギララ ルー等級つつ大臣 2010/06/20 20:35

ガッパに続いて今度はレンタル屋で20年前に発売されたであろう「宇宙大怪獣ギララ」のビデオソフト(レンタル落ち)を発見したために迷うことなく購入し久々に再見したざます。
で、久々に見たら「誰かさんが揶揄するほど悪くないざます!」と思ってしまった。
(まあ、確かに月面基地に檜風呂はねーだろ!ってところはありますが・・・。)
特に前半は「ガッパ」でもそうでしたがこれもまた「東宝怪獣の末裔」的作品で思った以上に宇宙をネタにしたSFではビジュアル的にも良く出来た作品だと思ってしまった・・・。
(宇宙船アストロボートや怪獣ギララのデザインがこれまた渡辺明氏というせいでもないのですがデザインの秀逸さはもっと評価すべき!)

で、改めて見ると川崎監督の「ギララの逆襲」がとんでもなく駄作としかいえなくなったざます・・・。
(どこをどーしたらあんな見るに耐えない作品になってしまうのか・・・・元祖?のほうが数億倍は優れているではないか・・・。)
謎の胞子が怪獣化してギララとなるわけですがその最期も殺されるのではなく元に戻る(?)もので一応は愛着があるんだなと安心したざます・・・。

で、ようやく火星兵団しーじーその32もアップざます!

1444 返信 Re:久々にギララ 殿様ギドラ メール 2010/06/21 17:42


『宇宙大怪獣ギララ』、私も最近WOWOWのギララ祭で見直してます。
ギララそのもののデザインは嫌いじゃないですよ。
河崎実氏の「逆襲」は、なんかマニアの楽屋落ちみたいなもんでまともな作品じゃないですからねぇ。
オリジナルとは土俵が違っちゃってます。

元祖ギララ、今の目で見ると、監修の光瀬龍氏が怪獣映画をSF方向に引っ張ろうとしていろんなアイディアを提示したんだろうなと思わせます。
そのため詰め込みすぎになっていて、ギララのキャラクターが薄くなってしまった感があります。

ギララ胞子を地球の宇宙船に付着させた何者かは掘り下げられることなくほったらかしだし、恋愛三角関係もあまりドラマに貢献していないし、宇宙船内のいざこざも怪獣ドラマの足を引っ張っているしなぁ。

と考えると、ちゃんとした続編として元祖の欠点を改善した宇宙怪獣映画を作るべきだったのだ。

1445 返信 Re:久々にギララ ルー等級つつ大臣 2010/06/22 21:22


> 元祖ギララ、今の目で見ると、監修の光瀬龍氏が怪獣映画をSF方向に引っ張ろうとしていろんなアイディアを提示したんだろうなと思わせます。
> そのため詰め込みすぎになっていて、ギララのキャラクターが薄くなってしまった感があります。

まあ確かにギララそのもののキャラクターに関してはそれほど印象には残念ながら残らないざますね・・・。
ストーリーにしても謎のUFOの正体が結局絡まず仕舞で終わってしまうし掘り下げが全体的に甘いざます・・・。
(過去の評価が芳しくない理由はそこか!?)
設定自体とデザインが優れているだけに勿体無いざますね。
段取り芝居に終始していて結構アバウトですし。
ただ川崎氏の「逆襲」よりも数倍はきちんとした「映画」になっているから
それだけに勿体無いと思ったざますよ。
これの正統的な続編として「逆襲」を作って欲しかった気もするし。






> ギララ胞子を地球の宇宙船に付着させた何者かは掘り下げられることなくほったらかしだし、恋愛三角関係もあまりドラマに貢献していないし、宇宙船内のいざこざも怪獣ドラマの足を引っ張っているしなぁ。
>
> と考えると、ちゃんとした続編として元祖の欠点を改善した宇宙怪獣映画を作るべきだったのだ。

1446 返信 良い映画って? 兄貴赤 2010/06/25 16:58

黒澤作品の話であります。
日本映画専門chHDで、素晴らしき日曜日、酔いどれ天使をチェックしました。
どちらも古い作品なので、画質、音質共に劣悪です。
特に酔いどれ天使は、セリフが聞き取れません。
観ているとストレスが溜まってきて、気が付いたら眠っていました。

で、あ~なんだな~って思って、どんなに良質の演出だったり素晴らしい脚本であっても、画質音質が悪ければその良さは受け手には伝わらないって事だなとつくづく思いました。
羅生門はデジタルレストアのおかげで、大変良い状態になっております。
やはり、そこまでやっていただかないと古い映画はキツイです。

来月は、静かなる決闘と野良犬が放送ですが、気が重いです。

1447 返信 Re:良い映画って? ルー等級つつ大臣 2010/06/27 10:32

兄貴さん、確かに黒澤作品は「酔いどれ」に限らず初期作品は画質音声に関しては劣悪ざますねえ・・・。
確かにDVDでも画質は良くなかったですし。「続、姿三四郎」は最悪の画質でしたし。

(これはレストアしているかしていないかによりますが。)
「羅生門」でも聞き取りにくいところも確かにありますしどうもこれはアフレコ形式でなく黒澤作品は同時録音形式の可能性が高いざます。
となると音質が悪くなるのもやむを得ないのではと思っておりますざますが・・・。
(その反面、ミーの所有している「南海の花束」のビデオでは画質音質共に良く
戦前の作品にありがちな音質の劣悪さはありませんでした。)
まあもっとも放映用マスターが適当にテレシネしていればそのような事態(?)が起こってもおかしくないのですが・・・。
(ところでブルーレイではどーなってるのでせうか?)

1449 返信 Re:良い映画って? 殿様ギドラ メール 2010/06/28 17:18


マキノ省三の映画三原則が思い出されますわなぁ。

「1ヌケ」とは映像の抜けがいいことだそうで、つまりは映っているものがはっきり見えることという解釈で間違いないはず。
この格言はサイレント時代のものでありますから、トーキー作品で考えるなら映像だけでなく音声のクリアさも第一条件ということになりますよね。

ただ、古い作品となると文化遺産という側面もあって、もちろん映像・音声がクリアであるほうが良いに決まってますが、劣化したフィルムを通して本来の表現を汲み取る努力も鑑賞者の覚悟になってきますね。

(『海軍爆撃隊』なんて神経を研ぎ澄ませないと何がなんだか・・)

ブルーレイになっても黒澤初期作品『姿三四郎』『続姿三四郎』はきついです。
DVD版は見ていなくて、BS放送版との比較になりますが、たしかにレストアはしていて見やすく聞きやすくなってはいますが、それほどのことはなく・・・・。
『虎の尾を踏む男たち』は歌の歌詞が聞き取れるようになったので相当な向上ありか。

1452 返信 Re:良い映画って? 殿様ギドラ@携帯 2010/06/28 23:33

> 「1ヌケ」とは映像の

間違えた!!
「2ヌケ」です。
1はスジ。
画質音質よりストーリーが大事っつー教えか。

1448 返信 今回はアニメ三昧 ルー等級つつ大臣 2010/06/27 10:40

てな訳で「エヴァ破」のでーぶいでーが出たということで借りましたし同時に
久々に「鉄人28号」(いうまでもなくモノクロ版)の後半エピソード、「海のトリトン」(これまた後半)、そして「わんぱく王子の大蛇退治」も借りたざます。
(って黒澤作品はどーした!?・・・といいたいざますが「デルス・ウザーラ」のレンタル落ちビデオは格安であったのでこちらは購入・・・)
ただ今の時期、忙しいので時間が取れないのが辛いざます・・・。
(火星兵団しーじーの続きも昨日の深夜にやっとアップしたしまた更新が遅れそう・・。)

1450 返信 Re:今回はアニメ三昧 殿様ギドラ メール 2010/06/28 17:19


火星兵団、見てきましたよ~。

1453 返信 Re:今回はアニメ三昧 ルー等級つつ大臣 2010/06/29 20:15

ありがとうざますー!!
今回の32の2はもっと早くアップする予定が思いっ切り遅れてしまいまして
ようやくこないだという結果になってしまったざます(汗)
現在、その33を製作中なんざますけれどここのところ、早朝出勤ばかりで
しかも多忙となってしまってるのが辛いざます・・・・・。
(「デルス・ウザーラ」ざますけれども感動しましたざますよー)

1454 返信 Re:今回はアニメ三昧 殿様ギドラ メール 2010/07/02 18:08


お疲れ様です。

「デルス・ウザーラ」、あっしも好きな作品ざんす。


1451 返信 天晴れ、カムイ 殿様ギドラ メール 2010/06/28 17:36

昨日のF1ヨーロッパGP。

小林可夢偉は予選で下位に沈み、ザウバーのマシーンにも期待は出来ないやと半ば諦め気分で見ておりました。

しかししかし、マーク・ウェバーの事故にともなうセイフティーカー導入時にカムイはピットインせず3位まで順位を上げ、スタート時につけていたプライムタイヤで終盤まで引っ張る作戦に。

CSの中継解説陣はファイナルラップ手前まで粘ってタイヤ交換義務を果たせばいいと言っていたけれど、残り4周(だっけ)のところでタイヤ交換。
7位争いをしていたブエミ、アロンソの後ろに出てしまう。
だがしかーし、マシーン的には劣るものの、オプションタイヤのグリップ力を生かして、アロンソ、ブエミをコース上でぶち抜いてくれました。
これで7位。

さらにセイフティカー走行時の違反行為で上位の何台かが審議対象となり、
レース後20秒加算ペナルティになるんじゃないかという予測もあって、
そうなるとカムイは4位に繰り上がる!

と思ったら、ちぇっ、たったの5秒加算ペナルティでやんの。
可夢偉7位で確定。

でも、今年のザウバーで7位はすごいのよ~。

1455 返信 2012年ゴジラ復活!? ルー等級つつ大臣 2010/07/04 10:12

昨日になりやっと火星兵団しーじーの続きをアップした後で上のスレタイのようなニュースが飛び込んできたざます。
何でも今度の復活は東宝でなくハリウッドのほうかららしく以前のトライスターではなくワーナーで製作するそうでありますがどうも眉唾ものという気がしないでもないざます・・・。
このニュースを聞いて「東宝もとうとう新作ゴジラを作れないところまでなってしまったんだなあ・・」と何だか複雑な心境になってしまったざます・・・。
(ということで「デルス・ウザーラ」鑑賞後、久々に第1作を引っ張り出して観てるざます)

1456 返信 Re:2012年ゴジラ復活!? 殿様ギドラ メール 2010/07/06 16:56


2012年のハリウッドゴジラって、坂野監督が一枚噛んでいる3D映画のことですよね?
以前アイマックスで3D映画にする、なんて話があって、そこから派生した企画かと思われますが、まあ、どうなることやらって感じです。
エメリッヒの大失敗がありますから、もし、ほんとうに作ることになるなら、
アメリカのゴジラファンの意見を取り入れて、ひょっとすると日本のミレニアムシリーズよりずっとまともなゴジラ映画になるかも。
というのは皮肉が過ぎますかなー。

まあしかし、日本のファンよりアメリカのファンのほうがよっぽどしっかりしたゴジラ観を持っているような気もするのでありますよ。
エメリッヒの大イグアナだって、日本のファン、というかライターたちは「あれはあれでいいのだ」的な論調だったのが、アメリカのファンが怒っているという話が伝わってきたら宗旨替えだもんな。

日本人の現状追認癖が嫌だ。

火星兵団33も見てきましたよ~。

1457 返信 Re:2012年ゴジラ復活!? ルー等級つつ大臣 2010/07/06 18:50


> 2012年のハリウッドゴジラって、坂野監督が一枚噛んでいる3D映画のことですよね?
どうもそこら辺はあまり関係ないみたいざます。
(まあ企画が流れてハリウッドに行ったっていうならまだ判るんですが製作陣は
坂野監督の企画云々は一切言っていないざますから)
どうやらゴジラ復活の時期になってきたから製作に漕ぎ着けたというのが真相のようざます。

で、以前のエメリッヒ版も多少は意識してのことか(アメリカ人が)みんなが観たがっているゴジラを作りたいと仰ってるので今度のハリウッド版は期待出来るかも・・・のようざます。

というか皮肉にも今だとゴジラの場合だと本国よりもアメリカのほうが人気もあるし以前のエメリッヒ版にダイレクトに「あれはゴジラじゃない」と言ってたのもアメリカだし逆に「日本の生んだキャラクターなんだから誇りに持てよ!」と大いに言いたいですねえ・・・。
(何でもアメリカが評価しなければ卑下するのは余りにも情けないざます!)

あ、火星兵団しーじーいつも見ていただきありがとうフォー!!

1458 返信 Re:2012年ゴジラ復活!? 殿様ギドラ メール 2010/07/09 17:07


2012年のハリウッドゴジラって、多分これのことですよね?
ttp://news.walkerplus.com/2010/0330/21/

私もいくつかの記事を漁っていましたが、坂野監督について何も触れていないものもあって、なんかこう、ひじょーにぼんやりした情報なんだろうなと思ってます。
製作されるかどうかも眉唾ってことで・・・。

「アウター・リミッツ」、24話まで見たぞーー。
子供の頃に見たエピソードもちょこちょこあるざんす。

1459 返信 また転勤じゃあ・・・。 ルー等級つつ大臣 2010/07/09 22:20

>
> 2012年のハリウッドゴジラって、多分これのことですよね?
> ttp://news.walkerplus.com/2010/0330/21/
>
そうざます!
確かに復活の動機が余りにも唐突ざますからまた何かのリップサービスかと最初は思ってしまったざます・・・。
ただハリウッドの場合だと前回もそうだったざますけれども何度か企画の推移がありますからこのまま没にならないように祈ってるざます・・・。
で、「アウター」24話まで観たとは凄いざます!
(ミーはそこまでいってない・・・)

さて、今度の日曜からまた転勤があり今度は昼から深夜までだからしーじー劇場の更新も大変じゃあー・・・。

(とはいえやっと今日「火星兵団」しーじーの続きを更新出来たざます)

1465 返信 Re:また転勤じゃあ・・・。 殿様ギドラ メール 2010/07/13 19:09

ありゃりゃ、またも異動ですか。
昼夜半逆転ってのも辛いですね。

ハリウッドゴジラ、3Dブームが続けば実現するのかなぁ。
3Dでなくてもいいからまともなゴジラ映画を見せてよ!

うちの場合「アウター・リミッツ」はすでに録画してありますもんで、根性さえあれば見られるってわけです。
CS放送は重宝ですよ~。

1467 返信 Re:また転勤じゃあ・・・。 ルー等級つつ大臣 2010/07/13 23:41

そうなんざます・・・。
その話が余りに唐突なもんだから参ってしまうざます・・・。
で。しかも逆転だしもうクタクタざます・・・。
さてハリウッドゴジラざますけれどミーも同様ざます。
単に3Dブームに便乗するなら勘弁だけどもまともな作品なら別に3Dでなくてもきちんとした形でゴジラを復活して欲しいなと。
(遅ればせながら「火星兵団」しーじー34もアップしていたのを報告忘れてました・・・で、観ていただいてまたもありがとうフォー!!)

1464 返信 F-1イギリスGP 兄貴赤 2010/07/13 17:09

カムイ6位入賞!
よかったよかった。
NEXTと契約しワイド画面で見れるようになり、ようやくF-1もまともに鑑賞できるようになりました。
ノーマルスカパーの4:3の中にレターボックス画面は、見るのが辛く早送り鑑賞でしたから・・・
今後の活躍に期待であります。

ところで山本さこんってだれだっけ?

1466 返信 Re:F-1イギリスGP 殿様ギドラ メール 2010/07/13 19:14


可夢偉、いいですねぇ。
安定感もありますねぇ。
この調子で上位入賞を続けられれば、たとえザウバーチームが傾いてもどこか別のチームから声がかかるんじゃないかなー。
でも、トップチームじゃないとヤダな。
トップじゃないけど、可能性があるのはルノーぐらい?(って、ザウバーがちゃんとすればそれでいいのだ)

山本左近、F1ではスーパーアグリでちょっとだけ出走してますよ。
うちの嫁は左近Tシャツを持ってたりする。

1469 返信 2大SFアンソロジー ルー等級つつ大臣 2010/07/18 10:53

ようやく昨日にまた火星兵団しーじーの続きをアップした後、「アウターリミッツ」と並びSFドラマの名作である「ミステリーゾーン」についてニコニコで検索していたらやたらとアップされていたので観ていたざますがこれが一部本放送のプリントできちんと日本語タイトルになっていたから驚愕したざます・・・。
(そのせいか画質が悪いものの日本語タイトル下に「エミー賞受賞作品」と書かれていたのもあり貴重なフィルムざます!)

この作品も日本版オープニングが作られていたという事実が判っただけでも収穫ざます・・・。
(とはいえ深夜までの仕事は流石に辛い・・・。)

1470 返信 Re:2大SFアンソロジー 殿様ギドラ メール 2010/07/21 16:53


ニコ動にそんなものもありましたか。

ネット社会って不思議ざんすね。

アウター、見続けておりますが、
27話の主役はハリウッドの魅力、ニック・アダムス兄貴じゃありませんか。
びくりしたよ。
ストーリーはF・ブラウンの「闘技場」にそっくりアルヨ。
ほかの話には緯度0のリチャード・ジェッケルも出てたヨ。

1471 返信 黒澤映画フィーバーその3 ルー等級つつ大臣 2010/07/25 10:26

ここのところしばらく昼夜逆転の為に図書館に行ってなかったのですが昨日、休みだったので久々に行ってみたら「大系 黒澤明」が全巻そろっているではないざますか!
(以前はその1,2しかなかった)
で、今回は自伝「蝦蟇の油」が掲載されているその4を借りて少ない時間で
読んでいるざます・・・。
(昼夜逆転だから時間が取れないのがここでも辛い・・・)
で、ようやく「火星兵団」しーじーも続きが出来たのでアップしたざますよ・・・。

1472 返信 Re:黒澤映画フィーバーその3 殿様ギドラ メール 2010/07/28 18:41

いやー、暑い毎日が続きますね。

「大系黒澤明」順調にお読みになってますね。
やっぱり本は読まなきゃいけませんわなぁ。
未読の本が溜まっててなかなか手が出せないのであった・・。

「火星兵団」のつづき、見てきましたよ~。

1473 返信 Re:黒澤映画フィーバーその3 ルー等級つつ大臣 2010/07/29 11:19

全くざます・・・。
幸い昼夜逆だから蒸し暑さだけは免れてるざますけれどもそれでも暑いざます・・・。
ミーもなかなか読む時間がないから少しずつだけでも習慣にしてるざますけれどもやはり本は読まないと駄目ざます・・・。
さて現在は「ガマの油」までざます・・・。
火星兵団しーじーまたもありがとうフォー!
今はその2を作ってるざます!

1474 返信 暑いざます・・・。 ルー等級つつ大臣 2010/07/31 21:16

現在、「大系 黒澤明4」は後半の著名人との対談まで読んでいたざます。
(その中でショーケンやら井上ひさし氏との対談もあり興味深かったざますけれども黒澤監督が日本映画の現状についてかなり嘆いていたのが印象深かった・・・。)
とまあそれにしても暑い日々が続くざますねえ・・・。
今日は休みだったしゆっくりと読んでいたけれどここのところ夜がメインだったからこんな時に尚更暑さが感じてしまうざます・・・。
で、ようやく「火星兵団」35その2をアップしたざます・・・。

1475 返信 Re:暑いざます・・・。 殿様ギドラ メール 2010/08/02 17:34


ほんとに暑いざんす。
ここ何年か暑い夏が続いておりますが、それにしても、今年の暑さはなんか違う。
はっ、やはりザンボラーが来たのか!

ちょっと前にブルーレイで『七人の侍』を見ちゃったりなんかして、やっぱりBDのこってりした画質はいいな、と感じたざんす。
それと『七人の侍』はレストアにも力が入っているよーです。
モノクロスタンダード時代の作品だけど姿三四郎二部作や『虎の尾を踏む男達』よりずっとクリアな画質音質ざます。

で、BSデジタルハイビジョンに激しく物足りなさを感じていたところ、
TSUTAYAくんがやってくれました。
ワーナーのBD2500円シリーズに限り、手持ちの不要DVD下取りで1000円引き!!

んもー、ブルーレイ買っちゃうぞ、と
マトリックス三部作、『2001年宇宙の旅』『燃えよドラゴン』をDVDからBDにバージョンアップ。

製作年の新しいマトリックスは映像も音響もBDになるとすんごいことになるんじゃないかとわくわく。
(ああしかし、エアチェックものの映画を片づけないとHDDが空かないのでセルソフトは後回しなんだなぁ)

1477 返信 Re:暑いざます・・・。 ルー等級つつ大臣 2010/08/04 12:33

やはりザンボラーが居座ってるとしか思えないほどの暑さざますよ・・・。
何せ夜になったら幾らかマシになるかと思ったら全然涼しくならないざますから
・・・。
(おまけに今の職場は蚊が多くて参ってしまうし・・・)
さて、「七人の侍」ブルーレイかなり良くなってるざますか。
そこまでならそろそろ購入も考えねば・・・と。
(さすがに戦前作品だとブルーレイでも限界があるざますか・・・ただ「続姿三四郎」だけは撮影時に最悪のフィルムで撮影されたそうですから当時から既にあの劣悪な画質だったそうだと後に知ったざます・・・)

さてさて毎度ながら「火星兵団」しーじー見ていただきありがとうフォー!

1478 返信 Re:暑いざます・・・。 殿様ギドラ メール 2010/08/06 18:13


『続姿三四郎』はもともと画質が悪かったんですか。
戦時中だしなぁ。
とはいえ、ブルーレイでもなんか、画質だけでなく、フィルムのつなぎが変だなと感じたところがあったざんす。
同じフィルムが一瞬反復しているようなところが一カ所・・。
『七人の侍』がDVDでリリースされた時、一カ所カット順を間違ったところがあって交換騒ぎになったりしているので、怪しいです。

ブルーレイの高画質高音質はお勧めです、が、高画質の大画面テレビと立派なオーディオセットを用意しないとポテンシャルが発揮できないというのも痛いところなのでありました・・。

1481 返信 アップスケーリングの実験 ルー等級つつ大臣 2010/08/07 12:44

それにしても相変わらずザンボラーが居座ってるからこの蒸し暑さには閉口ざます・・・。
さて、今回、しーじー劇場に使用した動画をHDにアップする実験を少ない時間の最中行ったざますけれども(ちなみに使ったソフトはフリーの動画編集ソフトに
追加プラグインしたもの)結構時間はかかるけれどもここまで出来るんざますねえ・・・。
(劣化なしだったから尚更)
で、さすがにアップしてもサイズが小さいので断念したざますけれどもここまで出来るとは思わなかったと思ってしまったざます。
(で、今日やっと「火星兵団」その36をアップしたざます)
それにしてもまた↓が・・・・。

1482 返信 Re:アップスケーリングの実験 殿様ギドラ メール 2010/08/16 18:26


遅レスすまんです。
簡易型のCGだとアップスケールの効果はてきめんと思われますね。

実写となると最初からHD撮影されたものとSDをアップスケールしたものではディティールの出方に違いが出てくるので、
アップスケール(アップコンバート)でのHD化ではまだまだざんすが・・。
(最新の技術だとかなりいい線までいくという話も聞いてます)

そして、相変わらずSPAMは多いッスね。
古い記事へのレス形式で放り込んでくるのはやめて欲しいもんです。
見つけたら削除してますが、完璧にはほど遠くてお目汚ししてしまうのが申し訳ないざんす。

ここの掲示板もあと一年弱で無くなってしまうので、もっといい疎開先を探すざます。

1483 返信 Re:アップスケーリングの実験 ルー等級つつ大臣 2010/08/18 02:54

全くざます・・・。
ミーの掲示板にもそういう輩が出てきているので全く何を考えているのやら・・・。
さてさて最近だと結構動画編集ソフトも性能がアップしているので劣化なく出来ると思うざます。
(とはいえアップしても小さいままなのだった)

1484 返信 真夜中からこんばんはざます ルー等級つつ大臣 2010/08/20 01:31

さて今の生活にも既に一ヶ月が経ってしまったざます・・・。
で、ようやく夜の仕事にも慣れ(って危ない仕事みたいざますが)たけれども
何だか今(ちなみに現在午前の一時・・・)が夕方から夜の感覚になってしまったざます・・・。
で、少ない時間を利用しまたしてもレンタル落ちで「大阪城物語」を入手、久々に見ているざます・・・。
(東宝ミュージックでのサントラに続いてだから今は感無量といったところ・・・)
で、やっと火星兵団の続きもアップしたざますよー・・・。

1486 返信 Re:真夜中からこんばんはざます 殿様ギドラ メール 2010/08/23 17:32


昼夜逆転の生活は辛いですね。
同情するざます。

「大坂城物語」、近年観る機会が多かったりして、なんか、世間の評価も上がってきているような気がして嬉しいざんすね。

残暑厳しい折、体に気を付けて頑張りましょう。
(火星兵団、見てきました)

1488 返信 Re:真夜中からこんばんはざます ルー等級つつ大臣 2010/08/27 10:46


> 「大坂城物語」、近年観る機会が多かったりして、なんか、世間の評価も上がってきているような気がして嬉しいざんすね。

そうざます。
サントラ発売前後から再評価の動きが高くなってきたようざますねえ・・・。
ただ稲垣作品は世間ではそれほど高くない(一部を除く)のでこれを機会にもっと上がればとも思うざますよ。
(「無法松の一生」とせいぜい「日本誕生」しか見受けられないのが残念なくらいだから再評価の流れは歓迎すべき)

さてさて昼夜逆転のみならず今度は午前からも出なければならないから尚更大変ざます・・・。

1489 返信 ゴジラ復活じゃなくて「ゴジラ伝説」復活 ルー等級つつ大臣 2010/08/28 20:32

さてさて今日はようやくの休みということで「火星兵団」しーじーのアップロードを終わらせ久々に以前お世話になったアンティークショップに久々に行ってみたざますけれどもそこであの「ゴジラ伝説」のLPを発見しCDは既に購入済みにも関わらず買ったざます。
(実は特撮サントラ全盛の際、際物と思ってスルーしていたざますけれどCD購入後、聞いていて急にLPが欲しくなってしまったので感無量・・・)

で、久々に以前「ゴジラ3」を購入した時に購入したレコードプレーヤーを引っ張り出し聞いてたざますけれどシンセサイザーの音色は時代を感じさせると同時に「あの時の熱意」というものを感じてしまったざます・・・。
(いうまでもなくこの熱意、「ゴジラ復活」の意味ざますが)

以前、昔の「宇宙船」を購入した時にも思ったけれどこの特撮ムーブメントの熱意、今こそ必要なものなのでは?と。
(特に邦画では)

去年になりこの井上さんの「ゴジラ伝説」はライブで復活したようざますけれど(ユーチューブで結構動画が上がっているし)2012年にゴジラが復活するニュースもあるし今こそ「新たなゴジラ」ではなく「本来のゴジラシリーズの新作」を作るべきなのではと思ってしまいますた。
(いうまでもなく本多、円谷コンビが作り上げた本来のゴジラね)

1491 返信 Re:ゴジラ復活じゃなくて「ゴジラ伝説」復活 殿様ギドラ メール 2010/09/02 17:05


ああ、ゴジラ伝説、LPやCDは持っていないけれどビデオ版はかつて何度も繰り返し観たものです。

あの頃の熱気・・。

とはいえ、当時はゴジラファンならおおむね話が通じたものが、いまとなっては、ゴジラファンであるというだけでは、同じ物を好きなのかどうかわからなくなってしまいました。

ゴジラにバリエーションが増えすぎてしまったためにファンも一括りには出来なくなってしまったのだよなぁ。

ここはひとつ、本多・円谷コンビのファンが力を合わせて何かブチ上げないと・・。
来年の本多猪四郎生誕100年が良い契機ではなかろうか。

どうすればいいかなぁ。

1492 返信 Re:ゴジラ復活じゃなくて「ゴジラ伝説」復活 ルー等級つつ大臣 2010/09/04 11:37

そーいえばミーもこのビデオ版「ゴジラ伝説」、レンタルで繰り返し見たざます・・・。
(というかそれまでは失礼ながらバチものと思ってスルーしていた「ゴジラ伝説」を再評価するきっかけを作ったのがビデオ版という経緯があるざます・・・)
あの頃の熱気がそのまま本来のゴジラ復活に繋がれば良かったざますけれどもいざ新作が完成したとなると全くの別物だったから・・・。
せめて本多監督の新作だったら良かったのに・・・と思ったざます・・。

で、一旦川北ゴジラが幕引きとなってまた国内での新作ゴジラ復活となってもこれまた別物だったりするから・・・・。


バリエーションを増やしてどうするんだよ!?と憤りを覚えてしまったのを
思い出してしまったざます・・。

ここは一つ旧作のリバイバルを本格的にして再認識させる方法がベストだと思いますが・・・。
(それもレストアし音声をサラウンドにして公開するとか)
あるいは本多、円谷コンビのゴジラのみを「ゴジラシリーズ」にし後の平成やらミレニアムを無かったことにするとかしか方法が無いと思うざます。
(乱暴ながら最早それしか方法が無いのでは?)

1493 返信 最近になって ルー等級つつ大臣 2010/09/08 12:13

やたらと古典SF映画がDVDになって驚きざますけれども以前「紀元前100万年」が出たという話をしたざますけれどもそれだけでなくあの「ビヒモス」や「燃える大陸」やら挙句には「緑の地獄からの怪物」まで出してしまってるからまさに怒涛のラッシュといった感じざます。
(しかもアダルトビデオ専門の会社で)
その中でジョージ・パルの「月世界征服」もラインナップに入っていたしレンタルにもなってるの見たざますけれどこんなのまで出す姿勢は驚きの他ないざます・・・。
(輸入で購入した身にとっては国内でも出すとは思ってなかっただけに・・・)
さてさて「火星兵団」しーじーもようやく続きのアップが出来たざます・・・。

1494 返信 Re:最近になって 殿様ギドラ メール 2010/09/10 12:35


そうそう、そうなんですよ。
映像作品掲示板のほうに書いたゴーレムもそんなシリーズの一本でした。
そいで、ゴーレムと同時購入した作品に『月世界征服』もあったのだ!

この映画、小学生の頃一回だけTVで見たことがあり、その後観る機会がないまま今に至るのでありました。
SF映画の古典と言われているのにTV放送もほとんどないのは、月着陸という実現してしまった事象をテーマにしているからなのか??

と、こだわりのあった映画なのに、エアチェックものを片づけるのに忙しくてまだ観てないのだ。(ひでー)
レムの「金星応答なし」を映画化した『金星ロケット発進す』(残念ながら米国向けの短縮版)も買っちゃったのさ~。

良い時代になったもんです。
(はやくBDソフトも普及してブルーレイのそんな廉価ソフトが出てくればもっといい)

1496 返信 Re:最近になって ルー等級つつ大臣 2010/09/11 11:51


> SF映画の古典と言われているのにTV放送もほとんどないのは、月着陸という実現してしまった事象をテーマにしているからなのか??
>
遅レスすまんざます・・・。
それに関しては権利の関係のようで余り関係がないざますよ。
(「月世界征服」はジョージ・パルプロの製作ざますから)
ただそれだけに権利の所在が確認出来ずになかなか放映の機会が無かったのも事実ですし大手のパラマウントとかフォックス、ユニバーサルの作品だと比較的スムーズにソフト化となるわけですけれどこの作品に限らず出ている作品はいずれもその点は曖昧なわけだし・・・。
(多分、ようやく出せたのはもうパブリック・ドメインとなったためか?)
ただこうした幻の作品が日本で出せたのは本当にいいことざます。

(BDソフトはともかくプレーヤーがまだ高いのでDVDプレーヤー並に廉価版出して欲しいざます・・・。)


1498 返信 Re:最近になって 殿様ギドラ メール 2010/09/13 17:51


ああ、なるほど。
大手映画会社の製作ではなかったんですな。
権利元がはっきりしないとTV放送には漕ぎ着けませんわな。
ソフト化されたのはパブリックドメインになったからでしょうね。

幻の映画が安くリリースされるのはいいけれど、安易なテレシネ・オーサリングで状態の悪いものを出されちゃうのも困ります。


1495 返信 ゴジラ再生の話題 殿様ギドラ メール 2010/09/10 13:11

別スレからの引き続きになります。

本多・円谷コンビによるゴジラシリーズを引き継ぐ形の新作ゴジラ映画は是非観たいのですよ。
それはあのゴジラと怪獣たち、ストーリー構成に魅力を感じるから。

昔の作品を見直しても、もちろん面白いし心が動きます。
けれども、登場人物像や社会の雰囲気は時代を経るにつれて現代社会とはだんだん離れていってしまっているのも確か。
それから映像技術の老朽化(カメラワークやカット割りには普遍的な美があるけれど)も感じられてしまいます。

だから現代のゴジラ映画を観たいと思うのです。

正統なゴジラとは何かという話はかつてさんざん書きました。
でも、残念ながら「あれもこれもありだ」という論調を崩すところまでは行けず、結局ゴジラ映画は名前だけ借りた別物垂れ流しで終焉を迎えてしまったわけです。

だから、さまざまなゴジラバリエーションの正否はひとまずおいておきます。
その上で訴えたいのは、円谷英二時代のゴジラ映画が一番面白かったから、その続きを作ってくれ、ということ。

平成VSがお気に入りの方はそれを訴えればよろしい。
ミレニアムシリーズの混沌が好きな人は一作ごとに別物になるほうがいいのだと主張すればいいんじゃね、というところ。

と考えると、ゴジラファンではなく本多・円谷ファンが団結するしかないなぁ、と思うわけです。

(全部のゴジラが好きだ、などという輩は信用しません。「好き」とは何かの特徴を選別すること。別物を同じく好むなんて欺瞞です)

別に特撮ファンが分裂して反目せよと言いたい訳じゃありませんが、
相克なしに全体の向上も真理の探究もありません。

オタクの人たちは争いを避ける傾向があると聞きます。
その気質のために、本気の論評や議論が草の根レベルで行われていないとしたら大問題。
(2ちゃん的な揶揄合戦はお得意のようだが)

本多・円谷ファンよ、立ち上がれ!


1497 返信 Re:ゴジラ再生の話題 ルー等級つつ大臣 2010/09/11 12:40



> 昔の作品を見直しても、もちろん面白いし心が動きます。
> けれども、登場人物像や社会の雰囲気は時代を経るにつれて現代社会とはだんだん離れていってしまっているのも確か。
> それから映像技術の老朽化(カメラワークやカット割りには普遍的な美があるけれど)も感じられてしまいます。

うーむ難しいところざます・・・。
確かにもう50年近く前までに本多円谷コンビの作品が作られたわけですから
現在からかけ離れてしまったのは否定出来ないざますがただそれでもそれらを見ても古びているとは思えないざます。
第1作を見ても演出に古めかしさなど微塵も無いし時代をえても本多演出は普遍的だなあと思ってしまいます。
(そりゃ、携帯は無いしパソコンも無いからその点は古く思うのですが演出の基本に忠実に演出されているので古さは感じられない。
そこが本多監督が凄かった一面だと思う。)

映像の老朽化にしても最新のCGとか無いのでその点は現在の刺激「だけ」を求めた作品を見慣れた観客には物足りないとは思うけれども「映像の造り込み」に関してはこれまた古いなどとは思わないざます。
(丁寧に作られた映像は古くならないし逆に今の映像文化に求めるべき要素だと思うのでこの「老朽化」という点だけに関して否定的に思うざます)

さてゴジラもオリジナルシリーズをはじめvs、ミレニアムとバリエーションを作り過ぎて大まかな意味での「シリーズ」の一貫性が無くなってしまったざますねえ・・・。
(84最大の失敗がオリジナルシリーズの復活ではなく別物でお茶を濁してしまったということですから・・・)
さて本多、円谷コンビによる本来のゴジラを復活させるにはどうすればいいのか?という点ざますけれども今一度再検証し(この場合当然ながら本多、円谷コンビのゴジラ以外は却下)円谷特撮の基本である「大きいものは大きく見せる」特撮、本多演出の「科学への好奇心」と「丁寧な演出」、そして関沢、馬渕シナリオの特徴である「起承転結」の明瞭なストーリー、とクリアすべき点は幾らでもあるざますけれどもう一度「特撮映画の原点」に帰って基本的な部分に立ち返る必要があると思うざます。

(その上で本多、円谷コンビによるゴジラ作品のみ踏襲し基本的設定を復活させること)

とはいえVSシリーズも既に20年は経過しているので別物として認識させる必要もあるざますから難しいけれどもやはり物事の認識は必要なんですよ。

「VS、ミレニアムは作品としてともかくあれは本来のゴジラじゃないよ」と。

1499 返信 Re:ゴジラ再生の話題 殿様ギドラ メール 2010/09/13 18:00

どうもどうも。
ひさびさに細かい話にお付き合いくださってありがとうございます。
こっちの掲示板もなかなかアクセス数はあるみたいなので、映画の話だけどもこのまま続けましょう。

映画芸術、とくに製作費がかさむ特撮映画は大衆性(多くのお客さんに見てもらわねば成立しない)が必要であり、製作当時の工業技術に仕上がりが左右されてしまいます。

骨董品を鑑賞するような繊細な審美眼で評価するなら、合成のバレも操演のピアノ線も鑑賞の要素となりうるし、私自身も古い作品の粗をあげつらって価値がないなどと言うつもりはないのです。

けれども、特撮を使わなければ描けないような特殊な状況を「現実」と感じさせるのが特撮本来の使命ですから、
原点に立ち返れば特撮とバレた時点で特撮の敗北でありましょう。

また、映画描写の現実感は時代に応じて変化しています。
映画初期の時代なら明らかに書き割りと判る背景でも観客は風景だと認識して作品を観ていたものと思われますし、
合成というテクニックがまだまだ衆知されていない時代なら合成境界線がぼやけていたり滲んでいても合成カットに驚異は生まれたはずです。

現代の映画においては書き割りの背景や不安定な合成は現実感を損ないます。

円谷特撮の優れた技術には現代作品を超える部分があるのは間違いないけれど、
現代の映画技術なら出来ることでも当時は出来なかったことがあります。
現代の大衆にそれも価値だ、とは言えないです。

ピアノ線が見えていたら白けますよ。

そして本編部分については、
まさに
>携帯は無いしパソコンも無いからその点は古く思うのですが

そのあたりが一番問題だと思っています。
いくら本多猪四郎作品が優れていても、現在の話ではない。
本多作品を鑑賞することは過去へ旅するようなもの。
昔はこうだったのだ、昔の世界に怪獣が現れたらこんな感じか、という受け止め方にならざるを得ないのでは?

『ゴジラ』を2010年の新作として公開したならば、
昭和29年当時の日本が置かれていた立場、社会事情、当時の男女関係、親子関係、当時の日本人像が伝わる作品ということになり、現代の観客にとって自己を投影出来るシチュエーションは少ないことになります。
つまり、『ゴジラ』公開当時の観客と同じ感想には至らないでしょう。

古い映画を問題なく鑑賞できる人ばかりではないというところがひっかかるのでは。

それから、特撮のところでも触れた映画演出の現実感の変化もひっかかります。
本多演出も時代の変化とは無関係ではなくて、たとえば『ゴジラ』での主要登場人物はとにかくまっすぐな人ばかり。
冗談を言い合う雰囲気などほとんどありません。
時代が下って『妖星ゴラス』あたりになるとストーリーは深刻でももっと硬軟入り混じるリアルな人間たちが出てきます。

『ゴジラ』のころは空想科学物語を支えるためには一切のふざけた雰囲気を殺す必要があったのだと思われるのですが、
『妖星ゴラス』のときにはSFにもより現実的な人間像が求められる時代になっていたのではないでしょうか?

さて現代において本多作品が時代が要求する現実感を備えているかと考えると、
いささか弱い面があると思われます。
端的なことを申し上げますと、日本人がメイキャップで外国人になったり(インファント島やファロ島住民)、ブローバック式の拳銃なのに発砲しても薬莢の排出がない、人物の発声が非常にはっきりしている、など。
製作当時の映画表現としては当たり前のことでも現代では通用しないでしょう。

とまあ、長々と書きましたが、要約すれば本多・円谷コンビがいま新作を作ったなら昔の作品と同じものにはならないだろうし、
ゴジラの新作を作るなら、本多・円谷コンビなら現代において何をどう描くだろうかという発想でやって欲しいということであります。

1500 返信 Re:ゴジラ再生の話題 ルー等級つつ大臣 2010/09/15 13:58

なるほどざます。
確かに技術的な点に限定すれば合成のエッジが目立つ、ピアノ線のバレはあるし本編でもギドラ氏の仰ってる通りではあるのですがただそれでも演出的な部分では古びているところか今の映画よりも優れていると思うざます。

それに時代の環境によって変化はしますけれども人の本質は変わらないですし。
そりゃ「疎開」という単語は今だと死語だから今ではまず使うことなどないでしょうが描写自体に関しては今も昔もそう変わるものではないでしょう・・・。

ただ本多作品が既に過去の作品となってしまってるので現在とはギャップがあるというのがつらいところざます・・・。

技術的な部分も最新技術を取り入れるのはいいけれどその前に円谷作品の持っていた「自由奔放さ」だけは古くなっていないので今、作るとなってもイメージが貧相となっていてはピアノ線のバレ以上に興ざめざますのでその点は気を使わないとならないざます。
(黒澤明氏の良い映画は良いシナリオでしか生まれないというのは名言ざます!)

閑話休題ざますけれども本多監督の生前のインタビューでは後期の作品はほとんど言及しておらず快く思ってなかったふしもあるので今作ったら恐怖の原点に返って一作目のようなゴジラ単独での新作が生まれる可能性もあるので難しいところではあるのですが・・・。
(ファンコレでのエッセーではっきり言ってるざますから・・・)




1501 返信 Re:ゴジラ再生の話題 ルー等級つつ大臣 2010/09/16 03:02

それとざますけれど今一度本多、円谷コンビの作品群を再検証しておく必要があるざます。
(当然ながらゴジラの設定は一切変えないでおく。
デザインに関してももう関係者のほとんどは物故されているので改変は許されない筈)
またコンビを支えた村田、馬渕、関沢シナリオの検証も必要ですし現在との時代背景を照らし合わせ普遍的な面白さを見つけ出す必要もあると思うざます。

技術的な部分にしても円谷監督が当時技術的な限界で出来なかった部分を見付け
多様なテクニックを盛り込む必要もあります。
が、一番大事なのはやはり「イメージ」だと思うざます・・・。

とまあ聊か支離滅裂な点もありますがとりあえずはこんなところざます・・・。



1502 返信 Re:ゴジラ再生の話題 殿様ギドラ メール 2010/09/17 17:35

新作ゴジラ映画が無くなって久しいのでゴジラについてあれこれ書く機会が少なくなっていますけれど、
見果てぬ夢と申しましょうか、「ちゃんとしたゴジラ映画」を観たいという思いは熱いままなのでありますよね。

つつさんとの対話という形になってはいますが、どうやらROMの方もいらっしゃるようなので、
不特定多数に向けて書いていくことにします。

私も本多・円谷両監督の演出術が古びたとは思っていません。
映画を面白くするにはどうすればよいか、という根本は人間の脳味噌が変化しない限り不変のはず。

その上で現代に合わせた物にせよ、と訴えるのは、
怪獣映画が社会シミュレーション映画の側面を持つからであり、遺された円谷特撮映像が円谷英二監督の理想通りの仕上がりになっているわけではないと考えるからです。

円谷特撮の場合、同時代のハリウッド特撮に比べると特撮がバレているカットが多いように感じますが、
それは特撮がバレても構わないと思っていたからではなく、見せたいイメージと技術および予算と時間の限界を天秤にかけた結果、イメージを優先させたからだと思っています。
特撮映画が量産期に入ると物足りない映像が増えてくる一方、そんな時期でも丁寧に仕上げたカットなら初期作品を遙かに超える精度を発揮しています。
特撮を特撮と感じさせない努力は最後まで続けられていたはず。

その延長線上で現代の映像を作って欲しい。

一般映画での特撮はまだしも、怪獣もの変身ものの特撮となると最新技術を使いこなしているとは思えず、合成・ミニチュアばればれのカットが多くはありませんか?と。
ウルトラだのライダーだの戦隊だの。
それじゃダメでしょ。

ストーリーに関しては、たしかに本多猪四郎監督の立場はゴジラを恐怖の存在と考え、あまりゴジラに肩入れすることはないように思われます。
(1991年のTVインタビューでも「(ゴジラに)頬ずりしたくなるような可愛さは感じないね」とおっしゃっていて、少々突き放した感じがある)
しかし、黄金期のゴジラ映画は本多・円谷の監督二人体制だったことが重要です。

遺された作品を観ると、円谷英二による怪獣演出は怖さだけを強調する物にはなっておらず、少なからず怪獣に親近感を持たせようとする意図を感じます。
ゴジラ演出に関して本多監督と円谷監督に意見の相違があったという話も聞きますし、
この違った方向のぶつかり合いが元祖ゴジラシリーズの魅力になっていたのではないかと考えられます。

(ですから、本多・円谷コンビが現代に作るなら、という発想になるのです)

最後に私が思う元祖ゴジラシリーズの魅力をざっくりと簡単に。
特撮は、あくまでもリアリティを優先して「もし~ならば、こうなるはず」という科学的に予測される現象を再現することを前提として空想を膨らませているから迫力が生まれている。科学理論の確認にあらず。
(一例・ゴジラが吐くのは熱線であるから、金属や岩は溶けたり赤熱する)
ストーリーは、社会を感じさせる立体的な人間関係の中で理性的に問題を解決しようとする人間の有様を描くから清廉な心地よさを生んでいる。

1503 返信 Re:ゴジラ再生の話題 ルー等級つつ大臣 2010/09/18 14:18

やはり新作が無いと「飢え」といいますか熱い想いは溢れるざますねえ・・・。
さて、後に考えたざますけれども本多演出は「浮いた」不自然な演出が無くそれが普遍的な作品となって産まれたわけだし円谷監督もイメージを優先しつつも自然な映像にしようと予算と技術的な限界と格闘していたからこそ当時あれだけの特撮作品が出来たんだと改めて思ってるざます。

(更に二人の共通している部分としては嘗てドキュメンタリーを撮っていたということになりましょう。
ドキュメンタリーの場合、真実を伝えなければならないので不自然な映像だと信憑性が失われるので後の経験でも活かされたのでは?)

イメージを優先しつつも丁寧な演出と映像を作るのに尽力してきたから本来の
ゴジラが名作として残ったわけだし演出にしてもドキュメンタリーの延長としての映像演出として演出されているから今見ても不自然さは無いのです。
(技術的な限界はあれども演出的には不自然さは感じられない)

逆に現在の変身もの(ウルトラ、ライダー、戦隊もの)を見てますと最新のCGを駆使していてもやたらと「浮いた」映像になってしまっててとんでもないほど信憑性がないざます・・・。
(プロモーションビデオみたいな映像だけが突出したものになってしまってるので信憑性が無いばかりか特撮がバレバレの映像となってる)

ギドラ氏はシミュレーション的と仰ってるけれどミーの場合はドキュメンタリー的にその上で「現実にゴジラが出てきたらどうなるか」というシミュレーションを行って本多、円谷作品は作られていたと解釈しています。

だからこそリアリティーが生まれたし今も名を残す傑作となったわけです。

その延長として新作を作って欲しいのに出来た作品が「あれ」なわけですから
・・・。
(「ふぁいなるうんだら」なんかは最悪・・。コンセプトは悪くないのに演出が・・・。)

物語に信憑性を作って欲しい。
現実の延長として演出と映像を作って欲しい。
そして「シリーズ」としてゴジラは存在しているのでオリジナルの設定を踏襲して貰いたい。

それを無視した新作ばっかりだったからなあ・・・。
で、出来たのが細胞ネタで大はしゃぎだったりと戦没者の霊魂だったり、反核をスローガンとしていながらも放射能を吸い込んだりとだったり挙句は個人の
復讐の対象としているボスキャラだったりとんでもない代物ばかりだからなあ・・・。
(例外はVSモスラぐらいか・・・あれもモスラ自体は光線を飛ばしたりと冒涜していたしなあ・・・。)

悪い意味でマンガ的になってしまってるざます・・・。
(その意味では本来のシリーズでも「地球最大の決戦」での怪獣同士の会話だの「怪獣大戦争」のゴジラのシェーもミニラも漫画的じゃないかと思われるでしょうがそれでも不自然さは感じられなかったし怪獣の感情表現として自然な形を採られていた)

原点に還ってゴジラの正当な新作を作って貰いたいと。

1505 返信 Re:ゴジラ再生の話題 殿様ギドラ メール 2010/09/22 16:30


ドキュメンタリー的であるというのはまったくそのとおりで、
そして、すごく大事なことですね。

本多・円谷コンビ作では実際に起こった出来事にカメラが居合わせたら、という見せ方が基本になっているように思います。
絵画的に決まった構図もそこへ至るコンテが自然に構成されていますから、
作り物臭さがないのです。

「ふぁいなるナントカ」の月バックのラドンを誉める人もいますが、
あれは一枚イラストとしての格好良さであって、ラドン出現事件を映画的に体感させる映像としてはどうなんでしょうか?

> で、出来たのが細胞ネタで大はしゃぎだったりと戦没者の霊魂だったり、反核をスローガンとしていながらも放射能を吸い込んだりとだったり挙句は個人の
> 復讐の対象としているボスキャラだったりとんでもない代物ばかりだからなあ・・・。
 ↑
84以降のダメなところを見事に簡潔にまとめましたね!

ゴジラの話はまたやるぞ、と。

1507 返信 Re:ゴジラ再生の話題 ルー等級つつ大臣 2010/09/24 11:46

>
> ドキュメンタリー的であるというのはまったくそのとおりで、
> そして、すごく大事なことですね。
>
> 本多・円谷コンビ作では実際に起こった出来事にカメラが居合わせたら、という見せ方が基本になっているように思います。
> 絵画的に決まった構図もそこへ至るコンテが自然に構成されていますから、
> 作り物臭さがないのです。

その通りざます。
このコンテの自然さというのが最近忘れているんじゃないかと最近の作品を見て思ってしまったざますけれどもやはりゴジラという以前に映画は体感するメディアであるので演出の不自然さが目立つともう作り物なんだなあと意識が出て冷めてしまうと思ってしまいます・・・。

そういった意味でもやはり映画の基本に立ち返らなければならないざます!
さて最近になってやっと「フラバラ」の正規の海外版を入手(海外のビデオにて)しましたけれども構成の良さも相まって最後まで観る力があったと思ったざます。

(やはり海外版ってタコが出てなかったのざますねえ・・・・って「火星兵団」しーじーの続き毎度ながら見ていただきありがとうフォー!)
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ギドラの巣「新」映像作品掲示板
映画テレビなど映像作品の感想・批評用です。
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。